FC2ブログ

The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カウントダウン Count down

ピクチャ 17
Moon pic. 月の写真


明日はついに、イベントの日です。
Finally, tomorrow is our first and last event at KAIYU.

私達がやる、最初で最後のKAIYUでの会になりますが、
1時間お話しをするため、スライドを作ったり、準備に追われ
すっかりBlogが後回しになってしまいました。
I will have about an-hour presentation, so preparing the slides and scenario required lots of time, so I didn't update my blogs for a while...


そして、海癒とお別れし、私達の家に戻る日まで
あとわずか。カウントダウンがはじまりました。
Also our final date at KAIYU is coming,,, we have to say good bye to this lovely life and go back to our "home" soon.


2ヶ月の滞在をしても、毎日の色々なことがとても楽しいし、
ホントに毎日、毎時間がとてもとても大切な時間になっています。
Even after 2 months, things here are still so fun, and everyday, every hours are so precious to us.

20日に、ゆうちゃん力作の海癒ホームページがリニューアルオープンしました。
写真は私がとったものも少し、みっちゃんの作品を中心に使っています。
随分すっきりと、キレイなページができました。さっそく新規予約が2件入ったそうですが
ホームページを見て、必要情報をきちんと提供してくれるので、手間が半分になったと喜んでくれました。
On 20th, new KAIYU homepage was released. Yu chan did a great job and we all love this new pages. We use lots of photos which Mitsu chan took, and also I took some pictures in order to express the essence of this place. After the release, we got two reservation and Mitsu chan said it was really smooth as the customers see and understand KAIYU's policy and provide necessary information. He said the operation cost to take the reservation reduced to half! Bravo!


19日は蛍を探しにいきました。まだ早いよ、などと言いながら
皆で車に乗り込んで観に行くと、いました!小さな光を放つ、蛍が4つ。
On 19th, we went out to see HOTARU (firefly). It's still too early to see HOTARU in Japan, but we drove down to the place and we found them! Four small firefly in the rice field, amazing.


18日は満月でした。これまた皆で、でてきたばかりの大きな月を
屋上に上って眺めました。今回は写真もとれた。まるで日の出のような明るさの月。
On 18th, it was full moon. We went up to the rooftop and see the big moon which was just came out from the horizon. This time my camera worked fine, and I could capture a beautiful moon photo. It looked like a sun rize.
ピクチャ 19



明日は久しぶりのプレゼンテーション。
何人きてくれるか分からないけれど、聞いてくれる人に何かを残せるよう
頑張ろうと思います。
And tomorrow, I will have a presentation after a long time. Not sure how many people will come, but hope I can leave some message to the people who listen to me. Wish me luck!


ピクチャ 20
月。。いえ、これは日の出です :D
moon.. np! It's sunrise :D.
  1. 2011/04/23(土) 00:13:10|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯ぢから The power of hotspring

ピクチャ 5

[English text will provide tomorrow!]

温泉のある所に滞在させてもらっているので、
当たり前のように、毎日温泉に入らせてもらっている。

海癒の温泉はお湯は透明だけど、すごく、とろんとした質感を持っていて
初めて入った人は、たいていびっくりして、これはなんで?とつぶやいたり
トモダチ同士で話していたりする。

私は気が向くと、お風呂でそういう人達とお話ししたりして、
「ね。すごいですよねー」なんて、半身内(?)ということを隠して
ここのお湯を絶賛したりしてるのだけど、実際ここの裏方を知ってみると
入る人に教えたくなるような”こだわり”が沢山ある。


まず、お湯が「かけ流し」であること。かけ流しってなにかというと
お湯の再利用をしないこと。私は知らなかったけど、大抵の温泉や銭湯は
一度湯船に入ったお湯を、裏で循環させて塩素で消毒したものを
また湯船に入れて、何度も何度も使い回しをするのが当たり前なんですってー。へぇー


次にすごく好きなのは、脱衣所やお風呂場の開放感!
木や石でできてる床の触りごこちが、すごく気持ちいい。

ピクチャ 15

女の人は常々感じているだろうけど、大抵のお風呂は、女湯が奥に隠されていて、
まぁ仕方ないんだろうけど、へんな壁があったり
眺めが良くないところが多い。でも、海癒のお風呂は違う。

ほら。ばっちり、真っ青な大岐の浜がみえる。

ピクチャ 17

公道から一段高いところにつくられているから、覗かれない。
うっかりすると二階建ての観光バスとか、海の向こう側からのぞけば
見えちゃうのかもしれないけど、別にそんなの気にしないよねー。(する?)


温泉は、低めの温度で長湯をするのが基本なので、
こうやってお湯場の外に休憩できる縁側がつくられていて、はだかんぼのまま
椅子にすわってぼーっとしたり、涼んだり、咲名におっぱいあげたり。
もちろん服をきてからくつろいでもOKですけどね。

ピクチャ 12


夕方の風景も、とてもいい。空の色が、優しく変わっていくのをみてると
あっという間に時間がたってしまう。
お湯は薪で焚いているので、木の燃える臭いがふわっと鼻をくすぐる。
私は火の明かりや燃えてる香りが好きなので、なにか落ち着く。

今日もいいお湯でした。
そしてお湯のあとに待っているのは、美味しい晩ご飯。
今日はなんだろう、そんなことを思いながら、
お風呂からあがるのが毎日の楽しみです。

ピクチャ 13


あ、もちろんお風呂から上がったあとの大事なお約束
ビールやコーヒー牛乳もあります!お忘れなく~、ぷは~(笑。

 ピクチャ 14







  1. 2011/04/16(土) 21:45:26|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きものをいただくこと We ate living life

[English text]

魚をとりにいく、といって、みっちゃんとまりえちゃんが出かける。
ここでは「魚をとる」のに、釣り、にいくのではなく、”捕り”にいく。

素潜りで数メートルもぐり、みっちゃんが知ってる魚や貝の巣を巡りながら、
モリでつく。

Mitsu chan and Marie chan went to see to get some fishes. They did skin diving, a few meter deep in the ocean and, they checked each secret points where Mitsu chan knows as fish's home, stabbed fishes with harpoons.


ピクチャ 50
海のめぐみたち。 Those are treasures hunted in the ocean.

ピクチャ 38
エビを握るまりえちゃん。生き物と生きるのに、慣れている。かっこいい。
Marie with a big shrimp. She doesn't get afraid of touching living creatures. Cool.


ピクチャ 37
かわはぎ? これは、とれたその日にお刺身でカルパッチョになりました。
KAWAHAGI. File fish(?). This was become a "carpaccio".

ピクチャ 51
手前が、かさご。アクアパッツアに。奥が、ぐれ。石釜でハーブと塩こしょうでグリルに。
Front one is KASAGO, a rock fish, and the behind one is GURE (sorry don't know it's English name), we've grilled with herbs, salt and pepper.

ピクチャ 39
そして、生ガキ。
And, Oysters.

夕暮れ時。ここでのお夕飯は7時。それまでにめいめいが、お箸をだしたり、
お水を準備したり、ご飯をよそったりと、食事の準備を手伝いながら、
たまにカウンターに出ているおかずをつまんだり、
大人は、今日のビールやワインの味を確かめたりしながら、
タエちゃんの「さぁ、食べよう!」の一声を待っている。

When the evening comes, each of us starts to prepare for dinner. Dinner time is always 7 'o clock, and one prepares for chopsticks, the other brings water, dishes, putting rice on the plates. We eat something with our fingers, and adults would enjoy checking today's drinks (glass of beer or wine) if it taste good or not. And we all wait for Tae chan's call - "Ok, let's eat!".

ピクチャ 54

ピクチャ 52
今日はシチュー。ストーブを丸く囲んでのお夕飯です。
Today's stew. We surrounded the stove and had dinner.

ピクチャ 53
牡蠣は食べるのを忘れて、日がたったのでグリルになった。
磯の香りが凝縮されて、ホントに美味しい。

We forgot to eat oysters when they were hunted, thus we grilled them. They smelled like condensed sea. Very yummy..

食べる、ということは、楽しい。
そしてここでは、どこから来たものを頂いているのか
想像力を働かせるまでもなく、目の前に生き物が生きていて
それを、食べる為に殺して、私達が頂いているので、
すごく生きることのサイクルが、小さく、具体的だ。

Eating is definitely one of the best pleasure in our life. And here at KAIYU, we can see where our foods came from. We don't need to use our imagination to guess where their hometown is, but we can actually see their life and we kill them in order to eat them. The cycle of kill and eat is very short, and very clear.


「ようちゃんは狩猟本能ある?」

海に出かける前に、みっちゃんが聞いてきた。

私には、分からなかった。なにかを殺したり、捕ったりすることを
まるでやったことがないからだ。
魚をさばくことを、すこし怖いとおもう。触っていて、ぞっとする瞬間もある。

"Do you think you can enjoy hunting?"

Before going to the ocean, Mitsu chan asked me. I cannot really tell if I like it or not. I just, haven't had any experience to "kill" something for eating. I feel a bit scary when I cook fishes by myself, touching clammy body made me shudder sometimes.


食べる、ということは、殺すことだし、殺してから食べるまでの道は
目隠しされるより、こうやって見えた方がずっと良いのかもしれない。


にわとりや、四つ足の動物を殺して、さばけるようになることは
ないかもしれないけど、ここにいる間に、みっちゃんと海にもぐって
お魚をつきに行きたいと思っている。

Eating is killing. And when I live in my town, I never "see" the process of killing to eating, which is gently hidden from our daily life, stored in black box. Maybe it's better for me to see that process. I assume I will never be able to kill mammals for eating, but I think I should go hunting fishes with Mitsu chan while I'm staying here.

ピクチャ 55

  1. 2011/04/14(木) 09:20:43|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春 Spring

ピクチャ 33


[English text follows.]

一週間くらい(?)前から、土佐清水にも春がやってきた。
花が咲き、風が心地よく、暖かい太陽にからだがゆるむ。

温泉の入り口にあるブランコにのりながら
周りをきにせずに歌をうたって、
お腹の上の咲名が、すやすやと眠りに落ちる、というパターンが心地いい。


まだ あおい空
まだ あおい海
おわりをつげるよな真白色


口をつく歌といえば、Coccoのジュゴンのみえる丘
あとは、咲名のねんねミュージックとして、もう何百回とかけているだろう
頼りない天使 by FISHMANS。

いつもおんなじ歌だけど、
いつも同じメロディーを、おぼつかない適当な歌詞でうたう、
そんな私の声が、咲名の「安心」のもとになってるってことが、すごくよくわかる。


なんて不思議な話しだろう
こんな世界の真ん中で
僕が たよりだなんてね


海に入るのにも、抵抗がなくなってきた。
暖かい日差しと、青くて透明の海。あがってきた波。
寒さがないぶん、身体が素直にワクワクしながらウェットをきて
浜におりてくことが出来る。

こんなにへたっぴだったかなぁと思うほど、下手っぴになっちゃったけど
それでも、スープで乗ってバランスをとったり、ふわふわと乗れる感覚が
めちゃめちゃ気持ちいい。

ただただ、こんな毎日に感謝。
いったいどうしちゃったんだろう、私の人生!?と思うくらい
心が落ち着いて、毎日、大事なものを一番に大事にしている生活。


Finally Spring has come to Tosa shimizu, about,,, a week before? Flowers bloomed and winds are getting soft, and warm sunny sun light makes my body really relaxed. I love riding on a swing in front of the ONSEN facility with Sana, and singing out laud without worrying about if anyone listened to my song. And while my singing, Sana fallen asleep which is the most loveliest part.

ピクチャ 32

"The ocean is still blue,
and the sky is still blue
it's a sincere white which may imply the end of the world "


There's only a few songs which comes out from my mouth, one is "Dugong No Mieru Oka" by Cocco, and the other one is Sana's sleeping music "TAYORINAI TENSHI" by FISHMANS which we've listened more than a few hundred times.

The songs I sing is always the same. Always the same melody and with a faint memory of lyrics, but I know my voice can bring Sana a sense of security. I can feel she is feeling a peace, and so am I.


"What a wonderful story that
in the middle of this large world
I am the one who you trusted the most."


I feel no challenge to get into ocean, because it's already warm enough. With the sunny sunlight, blue transparent ocean, and the beautiful waves, my body easily get excited and I can just jump into ocean with excitement. As for surfing, to be honest I was surprised at how bad my skills are now, however it's just okay, I can happily practice the balance on the board with soup wave, and the short float on the water just makes me super happy.

I cannot believe how different my life is right now. I can appreciate everything literally. I think I am now simply cherishing the most important thing in my life as my first priority. What a beautiful life we have right now. Thank you. Thank you.



ピクチャ 34

  1. 2011/04/12(火) 21:11:35|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4/23 イベント Event

ピクチャ 56

[English text follows.]

みっちゃんとたえちゃんのサポートを頂いて、
4月23日に、海癒でイベントをさせてもらうことになりました。

自分がいつも考えてることとか、Twitterで見てたつぶやきとか、
「そうだよね!きっとみんな、同じように思ってるに違いない。」と思ってたけど、
昨日の都知事選の選挙結果などをみるに、どうやら私の知ってる「みんな」は
けして本当の「みんな」ではないらしい。

ならば、ここらへんのみんなが、今なにを考えているのか、
いろんな意見をもっている人達と、話しをしてみたい。
知っていることを、共有してみたい。

そして、まだ意見のない人もいるだろうから、その人たちに
関心のアンテナが芽生えるような、そういうきっかけに出来ればと思っています。

地元の人達や、高知の学生さんたちに、声をかけてもらったりしています。

誰も、どうなるのか、なんて確実なことは、分からない。
正しい意見や、間違った意見、が、ないからこそ、今、考えるきっかけが必要だと思う。

是非、いらしてください。


Thanks for Mitsu chan & Tae chan's support, I will hold an event at KAIYU on April 23rd.
I've been thinking that my opinion is not a minority, as I saw "everyone" have similar opinions and tweets here and there. However it seems majority of the people didn't think the same way I do, the result of the metropolitan governor election proves it and it also reveals that lots of people are indifferent to this election which was, to me, number one important election ever. The "everyone" I know wasn't real "everyone", unfortunately.

So, here, I want to know what people in Tosashimizu or Kouchi is thinking right now. I know folks who will (kindly) visit here to join the event will have similar opinions with me or KAIYU, but there might be another opinions. I want to know those opinions and share informations what I have, and what they have.Maybe there'll be someone who yet has specific opinions, and in that case, I hope this event will evoke their interest.

Mitsu chan advertises this event to students at Kouchi and friends around Tosashimizu city. (Thank you.)

No one can tell what will be happened exactly at this moment. In this vague situation, we cannot really judge what is "right" and "wrong" to everyone, if so, I think it's very important to think and talk, and to cultivate our opinions.
  1. 2011/04/11(月) 15:26:11|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。