The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死んでるもの、生きてるもの dead things, living things

ピクチャ 24

毎年いく四万十川。以前は、遠泳大会の前日は中村に泊まっていたけれど、
毎年いくたびに、商店街や町の中でシャッターが閉まりっぱなしのところが増え
だんだん元気がなくなっているのが、垣間見えていた。


先日、数年前に閉店したという中村のデパート(?)に、買い物につれてってもらった。
もう開いていないスーパーに、埃にまみれて放置されているもう売っていないものを
拾い上げて、辛うじて残っている価格シールを頼りに、だいたい半額で売ってもらう。

数年前とは思えない数々のレトロな物たちが散らばる。酸化したペンキもあれば、
日に焼けたキティーちゃんのバッグも。

そんな廃墟となった7階立ての建物の一番上で、なにをしているのか、まだ働いてる
人達がいる。なんだかとても不思議な場所。

缶のお弁当箱と、焼きゴテをみつけたので購入しました。缶は大中小、一つ¥250~100で。
これが「使われるもの」として生き返るのか、あるいは家の棚にしまわれたまま
出番がこないのか。「消費する人」の腕のみせどころですね。
できるだけゆきとどいた、全部つかってる生活が美しいと思うけど、
もしかして使えるものをストックしておくのも楽しいので買ってしまう、もってしまう。
このバランスが、難しい。

ピクチャ 25

海癒の食堂の片付けをしていて、使わない家具や飾りを、どんどん奥の部屋に押し込んでるうちに、
もう壊れたものや、汚いもの、いらないものを捨てたらいい、と、何度か言った。
みっちゃんは、自分は捨てられない人なんだ、と答えた。壊れたのを直して、
次にどこかでつかえないか、再生できないか、再生したいって思うから捨てられない、と。

ここにはスペースがあるから、モノが入ってきてしまう余地がある。
みっちゃんもたえちゃんも、次のなにかの為に取っておいて、しまっておくタイプ。

あるモノを、もう死んでいるもの、と見るか、また甦生できるものとして見るのか、の違い。
それはモノを再生できるかの能力によっても違うし、置くスペースの有無によってもちがう。
私とみっちゃんは、そのラインが全然違うので、平行線なのだけど、
でもあの壊れたエレクトーンと、古びたカーテンは捨てたい。。うーん。


えみさんのオープンした「ダディー牧場」は、競走馬だった馬が現役をしりぞいてからやってこられる場所として作られた。競走馬は競走馬でなくなると、殺されてしまうのだそうだ。
生き物は生きているうちは、確実に生きている。ではモノは?死んでるもの、生きてるもの、そして、眠っているもの。モノにとっての死と眠りは、紙一重だと思った。


ピクチャ 22

ピクチャ 23


Every year, we go Shimanto river for swimming competition. We used to stay at NAKAMURA city close to the river one day before the competition, and every time we came back, we realized the number of closed/shuttered stores gradually increased.


We went to closed department store in NAKAMURA the other day, to shop. We entered the closed down building and, wondering around the products which were covered with dust and not on sale any more, and searched for "something" which we were interested in, and buy it 50% off from the old price seal. In side the building, too old stuffs were scattered everywhere, very retro, nostalgic, broken products. In the top of the building, one woman is still working. Not sure what is her job, but seems like there's another person she works for. Very strange building to me indeed.


I found something which I'm interested in. Old tin BENTO cans and two hot irons. The cans cost about ¥100-250 each. Will those be in use in my daily life? Well, I think it will and I'll try to, but there maybe some possibility that they sit on the shelf again at my home. I wish all the materials I own should be used in my life practically and live together with me. However I love to stock the stuff and just enjoy buying at the same time. It is difficult to have a good balance...

When we cleaned up KAIYU's dining space, we put away many furniture and stuffs into the back room, and I said to Mitsu chan that all those dirty, broken, unnecessary stuff should be thrown away. He responded to me that he is not a person who can dispose stuff easily. He wants to fix everything and make it alive again, that's why he cannot dispose things he have.

KAIYU has rooms and large space, so it's really easy to possess things. Both Mitsu chan and Tae chan like to prepare for "sometime in future" and hope to re-use, revive the stuff they own.

It's just a difference if you see things are already dead or still alive. The stance would be different depends on how much revival skill you have and how much space you have to keep those stuff. Mitsu chan and I have very different skills and space, thus our opinion may never intersect. I just,, want to dispose that broken electronic organ and the old curtain..



"Daddy horse ranch" where Emi san just open her business is the place where she accept racehorses who are retired. She said the retired racehorses would normally get killed in Japan. Once racehorse cannot be a racehorse, they are considered as dead. Living creatures are alive as long as their heart beats. How about material and stuff?? Dead one, alive one, and sleeping one. The diffs between dead and sleeping is a hair's-breadth.
スポンサーサイト
  1. 2011/04/25(月) 00:22:02|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビフォア・アフター Before : After | ホーム | イベント終了 Had a great event!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eatup.blog75.fc2.com/tb.php/50-20389ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。