FC2ブログ

The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The 1st Class manager

昨年の7月、10月から半年産休に入ることが決まっていた私に、はじめてスタッフをつけてもらえることが決まった。ただし雇用のクチは、東京ではなくシンガポール。いきなりのRemote management = 遠隔操作 (?)で、そんなの出来るのかしらと不安で後ずさりしたくなる気持ちも本当だけど、なにしろ会社に入って今年で10年。そして、はじめてのスタッフ。はじめての自分のチーム。当たり前だけど、新しいチャレンジと可能性にもワクワクする。「良いマネージャになるにはどうしたらいいのか」そんなことも考えずにはいられない。

2009年後半に、直属のマネージャが変わったとき、同じように「良いマネージャってなんだろう」と考えた。「スタッフ」目線で自分にとって良い上司を考えたポイントである。

- Organized されている
- 依頼したことをちゃんと覚えている
- 提出させた情報のレビューをきちんと行う
- Double ワークにならないようにさせる(同じことを何度もさせない)
- Position が下の人の存在を忘れない
- Friendly であることと、仕事であることのバランスをうまくとる
- 相手のアウトプットの良いところを、きちんと褒める
- 相手の成功を願う。"I want you to be successful."



そして本日同じ質問を、私が尊敬し「この人こそ The First Class Manager!」と心から思う人に質問をしたところ、次のような回答をもらった。

- Have a vision and mission. "Define vision and mission of the organization and communicate this to the team at early stage."
- Lead by example.
- Open to your people.
- Support people.
- Connect people.
- Hire great people.
- "It's not how good I was, but it is "How good the team is".



色々あるけれども、Keyだと思ったのが一番最後の、"自分自身がどれだけ優秀か" ではなくて、"チームがどれだけ強力か" が重要である、というところ。ここのポイントを理解すると、自分の仕事のやり方とあわない、とか考え方やアプローチが違う、、などということは重要ではなくて、「シナジーが生み出せるか」、「同じVisionを共有できるか」が大切なポイントとなる。過程でそりがあわないとしても、"If he effective anyway?" "Is he getting things done?" で Yesならば、本質的な問題ではない、ということだ。

そして教えてもらった本がこれ。さっそくぽちっとしようと思う。


Bury My Heart at Conference Room B: What Truly Drives the World's Most Passionate ManagersBury My Heart at Conference Room B: What Truly Drives the World's Most Passionate Managers
()
不明

商品詳細を見る




スポンサーサイト
  1. 2011/01/05(水) 05:16:42|
  2. Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の七草汁 | ホーム | A New Year Resolution - 新年の抱負>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eatup.blog75.fc2.com/tb.php/5-364ecd8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。