The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射性物質との生活 Life with radioactive materials

ピクチャ 29
美しい自然。感謝して、保ちつづけなくっちゃ。
Beautiful nature. We have to appreciate it and keep it.


[English text follows.]

先日、たえちゃんの親友で、高知に住んでいるTomoさんが、オーガニックマーケットで出会ったというあや伽さんと、アランさんのおふたりがKAIYUに来てくれた。

お二人は、ローフードとリビングフードを教えたり、デトックスで身体を元気にするプログラムを主催する"Babie-Bamby"という活動を千葉をベースにされていて、つい先日、活動拠点を高知の黒潮町に移されたそうです。

Tomoさんがオーガニックマーケットにいたときに、偶然アランさん達が来場者へ向けてお話しされていた「福島第一原発をしろう、放射性物質への対策を考える」という話しを聞いたことがきっかけで、そのお話しを、海癒でもしてもらうことになった。

今回の福島は、チェルノブイリとは異なり、爆発による瞬間的な放射性物質の拡散ではなく、長期的な拡散が嫌でも続く。これから、水や土、微生物や食物、食物連鎖のすべてに影響が出続けていく中で、そういったものと長期的に、どのように暮らしていくべきか。放射性物質の特性を知り、長くつきあう方法を学ぶ必要がある、という立場から、どのような食べ物を取ると良いのかを講義してくれました。頂いた資料とはちょっと違うけれど、あや伽のブログを読んでみてください。シリーズで更新されていきます。

お二人はもともとBBCにいた方だそうで、一つひとつ検証していくアプローチが、雄ちゃん曰く「ジャーナリスト的」で、直接お話ししてみた感じからも誠実な印象を受けました。

ネットに溢れる情報も多すぎて、情報の正誤や取捨選択、ソースの確認などなにを信じるべきかの、リテラシーがとても重要になっていると痛感します。特に原発については、一歩深い部分に踏み込むと、専門的な言葉や数字の読み方など、自分での判断が出来なくなってしまうため、誰の解釈/解説を信じるか、に頼るしかない。

お二人のお話し、私達は参考にしようと思いました。原発のすぐ近くに住む人達への対策としては、足りないと思うけど、「健康に影響のないレベル」の水や食べ物を取り続ける東日本に住む人たちには、自分たちを守るお守りがわりとして、心強い知識だと思います。


また、どう食べるかのお話しとは別に、「もっと育てないと!」のお話しが重要だと思いました。今年、東日本での野菜や米、様々な食物の生産が著しく減るのは確実で、そうなると、元気な土を持つ西日本でこれまでの倍の作付けをして増産しないと、足りなくなるのは目に見えています。足りなくなった時に、海洋、環境汚染などを理由に、中国やアメリカからの規制されていた輸入作物の制限が解かれたりしたら、それこそ日本で取れた健康な作物を食べる機会を失ってしまう。

いま、春の作付けのタイミングです。知り合いに農家さんや、農協の皆さん、政治家のみなさんがいたら、ひとこと、「もっと育てないと!」を伝えてもらえたら嬉しいです。


最後に。海癒に滞在させてもらう間に、映画会をやろうと思います。4月後半の週末、23日くらいかな。

三部構成で、第一部にアランさん達のお話し、
第二部で軽食/ピザの立食、
第三部に「風が吹くとき」の映画上映。

海癒の周辺の人達にも「考えて、話しをする、そして考えつづける」きっかけをつくりたいと思ってます。



Tomo chan who is a friend of Tae chan stayed KAIYU for three days the other day, and she brought two persons here, Ayaka san & Alan who they met at organic market.

They used to live in Chiba prefecture (east to Tokyo) and offers some lessons about how individuals can regaining their self-healing awareness through knowledge of holistic living, a living raw food lifestyle. Now they move to KUROSHIO CHOU in Kochi prefecture.

Tomo san met them at organic market, and she happened to hear their speech about "To know Fukushima Daiichi, and think about how we can live together with radioactive materials." and she was impressed by that story, so she talked them and ended in bringing them into KAIYU for providing us the same lecture.

This time, Fukushima Daiichi situation is different from Chernobyl, there's no explosion and no diffusion of radioactive materials into air. However Fukushima Daiichi plants continue to discharge toxic, radioactive contamination untreated. This means, those are undermining water, soil, microbes, food,, all the food chains for a long period. Given this sad but inevitable situations, Ayaka san & Alan proposed to learn more about the characteristic of radioactive materials and get to know how to "live with them". Ayaka san posted a series of blog posts about this in Japanese.

They both worked for BBC, and according to Yu chan, they took very "journalistic" approach, checking the data and the fact one by one and proceeding further. As for me, after talking and meeting them in person, I feel they are trustworthy.

We get too much info through internet, tweeters etc, and it is very important to gain the right media literacy, judging the accuracy of the info, confirming the news source, in order to protect ourselves and choose the "right" decision for individuals. Especially, when it comes to this nuclear plants situations and the data about radioactive materials, I have no way to interpret those by myself correctly, thus I have to trust someone's interpretation who I can trust.

To me, Ayaka san & Alan's story makes sense. It is not enough for someone who lives really close to nucplants, but may help people in east Japan who have to keep eating and drinking water and foods which are officially considered as low contaminated level "not affect to your health immediately".


They also speak about the necessity of increasing the planted amount in east Japan where we still have healthy soil. This year, we can predict (and already we see the situation) that east Japan cannot produce food, so we'll face the shortage of those. When it's really short, maybe China and/or America will approach Japan to import their food and materials which are currently regulated due to the safety concerns, i.e.genetically modified food products. We don't want to loose our ability to produce healthy food products by ourselves. Fortunately, it's spring time, now is the time farmers start planting, so it's worth for us, each individuals, requesting farmers, agricultural cooperative associations, and our government to increase the planting in west Japan.


Last but not least, I'm planning to help one event at Kaiyu, probably around 23, 24th weekend in April.
The event will have three parts, the first one will be the lecture by Ayaka san & Alan, an the second one is having a light meal and pizza using our new stone oven, and the last part is watching a movie "When the wind blows". I'd like to make an opportunity to let people around here "To think, talk, and to continue thinking" about current situation, 59 nuclear plants in Japan.


スポンサーサイト
  1. 2011/04/06(水) 09:26:46|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<唐人駄馬 Toujindaba | ホーム | 火入れ式 putting a fire>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eatup.blog75.fc2.com/tb.php/41-567d867e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。