The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Stop ではなくShift - Shift, instead of Stop.

ピクチャ 3
日本の地域間連系送電網の経済的分析 - P14より。 1989年から右肩上がり。


[English text follows.]

どうも海外での報道が、日本の東半分が放射線のために
ダメになってしまった、くらいの過熱報道のあと
リビアでの惨状にフォーカスが移ったようで
きっとこの先、日本に来てくれる外国人は激減してしまうのだろう。


対照的に、東京の両親とスカイプをしたら、
停電などの不都合はありつつも、
「公園いっても、子供たちが外であそんでるし、もう日常に戻ったよ。」と。
テレビも、通常放送に戻り、福島原発でのニュースも、Live放送ではなく
ニュースの時間にいくつかアップデートがあるくらいらしい。


自動放水の成功や、発電所に高圧電線が引かれ電気が戻って、と
明るいニュースは、本当にほんとうに嬉しいかぎりだけど、
どうしても、「もう日常に戻って」忘れてはいけないことがあると思う。


それは、私たち、特に首都圏東京での電気の使い方=
都市住民の生活の仕方の変革。

今までみたいに、湯水のように電気や資源をつかって
便利なのが当たり前の都会の生活は、
周りの地域の犠牲の上に成り立っていて、そして
将来に、とてつもなく大きな借金を残しているものだったのだから。


『原子力が発電時にCO2を出さない、だから原発はクリーン』

これについての反対意見として、勉強したことを少し。


原子力発電所は、建てるのに5年、操業期間40年~長くて50年、
そして「廃炉」決定後、完全に廃炉にするまでに、なんと50年(アメリカの例)。
つまり冷やし続ける期間、発電はしないけど、後始末をし続ける期間が
50年もある。

驚いたことに、日本では、未だに一つの原発の廃炉も終えていない。
日本最初の廃炉(進行中)は東海のもの。10年経った今も継続中。


そして、もっと厄介なのが、運転中にも、廃炉にしたあとにも発生する、
低、中、高レベル廃棄物。この廃棄物の処理方法は世界的にも未解決なため、
土に埋めるしか方法がないと。廃棄物が廃棄物でなくなるまで、数百年。


どこかで聞いたことがあるかもしれない「六ヶ所村」は、
低レベル廃棄物の処理場で、日本には、中レベルも、高レベルも
「うちに埋めて良いよ!」と受入れを承諾している土地はない。


私たちは、自分たちで完全にキレイに終わらせることができないものを使って
今の生活をしていて、

生み出してしまった怖い廃棄物は、私達の子供や孫やその孫に「つけ」として
置いていっていくのだということ。


そんなこと、だれが承諾した?

知らなかった、を後悔しても仕方なくて、でも
知ってしまったからには、もう、
「代替案がないなら原発」、は、本当に辞めないと。

エコレゾ webの小林武史さんと、鎌中さん、
CandleJunさんの対談をよんで、少し勇気をもらった。Stop ではなく Shift。
「戻っちゃ」いけない、いますぐやっていかなくてはならないこと。




Seems like the news reported outside of Japan sensationally talked about the scary exposer of radiation, and sorry for Japan losing the half east side of our country due to the pollution, then now shifting their focus to Libya where mass slaughter has been prevailed by crazy old dictator. I believe we cannot expect foreign travelers for next decade.

On the other hands, when I did skype with my parents live in Tokyo, they said, although they have to still endure the rolling power outage "When I go to walk in the park, many children play there too. Our life has almost come back to normal." TVs also already go back to their normal programs, and those nuclear plants update is not "Live" broadcast anymore but reported in the normal news program hour.

I'm very very happy to hear and see the positive updates, like the electric power has been connected to those nuc plants and massive amount of water can be automatically spray on plants with special water truck. However, there is one thing we can never "go back" to before.


That is, the way we consume the electricity in Tokyo, which also means, we have to change our lifestyle drastically.


We didn't know that we can use powers and resources as much as we want, because we sacrifice Fukushima and/or other areas where suffers underpopulation and financial difficulties, thus agreed to accept nuclear plants building expecting more jobs opportunities and more happy life. We also sacrifice not only people who lives close to nuclear plants, but also our posterity.


"The nuclear power doesn't produce any CO2 thus it's clean."

To object above, I studied a bit and want to share this all.

To build one nuclear plant needs 5 years. And it could run and generate the power about 40~ maximum 50 years. And then after that, once we decide to abandon the plant, it will require another 50 years to completely close it. During this 50 years, we have to keep cooling down and continuously take care of it.

Surprisingly, there is zero plant we Japan have abandoned completely. The very first "abandon" plant is in Toukai, and it is still on going after 10 years.

Nuc plants require lots of time to close it but what is more, during active periods or after abandon, it generates radioactive waste materials, low level, middle level, and high level waste materials. And do you know how to dispose those wastes? The world doesn't know how to dispose it. Thus there's no way but bury into the ground. Those radioactive in the waste will be remained another hundreds years...


Some of you may have heard about "Rokkasho" village in Aomori prefecture, it is the disposal facility which accept low level radioactive waste. There is no place in Japan which declare "We accept middle or high level radioactive waste."


We built 55 plants across our country and try to build more, but we don't know how to close those without generating any scary waste. We use those power and enjoy our life, and generating those waste and leaving those debt to our children and posterity.


Who agrees to do this?


We'll all say "I didn't know." and regret the situation, but now you know how scary and irresponsible the nuclear electric power generation is, we have to stop it. We should not say "Ah, because there's no other option which can substitute nuclear..." anymore. If there's none, we should reduce the amount of usage. That's the way.

I read this interview and it gave me some courage. "Shift, instead of Stop". We have to recover from this catastrophic damage, but we cannot "go back" to before March 13th 2011.





スポンサーサイト
  1. 2011/03/21(月) 22:10:52|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お友達がやって来た! - Here comes our friend! | ホーム | 看板 signboards>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eatup.blog75.fc2.com/tb.php/32-87e3941e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。