The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇宙に行こう Let's go to universe.


[English text follows.]

夕飯のあと、めずらしく食器を洗っていた私に、みっちゃんが言った。


「雄ちゃんは?もう上いった? もどってくる?」

「もう、戻ってこないと思うけど、、なんで?」


「うん、ちょっといいもの見せようと思って。小宇宙よ。」


「!!」


「暖かいカッコして、おりておいで!」


階段を二段飛びであがって、部屋に戻ると、私も雄ちゃんに一言。

「ゆうちゃん! 宇宙にいくよ!」

「??」


急いでふたりでダウンを着込み、下におりると
みっちゃんが既に愛車にエンジンをかけて待っていた。

「潮の引きが、昼夜二回あるんだけど、冬は夜のがぐっと引くんよ。
 月明かりで明るいし、見たことないくらい砂浜が広がって。
 これはね、ここの冬の醍醐味なんよ。」

車で大岐の浜の入り口まで降りて、車のヘッドライトが消えると
一瞬あたりはまっくら。でも、数秒して目がなれてくると
あたりはかなり明るい。

月明かりで、人の影が見える。

雄ちゃんは歩きながら、月で影ができるということに気がついたのは、
日本じゃなくてアフリカに行ったときだった、と話してくれて、
私は月明かりで影がみえるのかどうかなんて、考えたこともなかった。

でも、今はみえる。月の明かりで、木の葉の影も道にうつって
椿の葉は、月の明かりを反射して、きらりと光る。
アバターの世界みたいだね、なんて話しながら、浜にでると

目の前に、宇宙が広がった。

蒼く、白い砂浜が、遠くのほうまで広がり、より深い藍色の空が海にかぶさる。
こんなに明るい月なのに、いくつもの星がみえる。
波のシャパン シャパンという音が、遠くで、なんか切ない。

「いつか、ここの、この全部を写してくれる写真家に、写真をとってもらいたい。」

んー、いやぁ、これは、撮れるのかしら。
この宇宙は、包まれたときの温度と感覚が、全てな気がするから
どんな写真家でも、かなりハードルが高い気がする…なんて分からないけど
でも、これを写真か、絵画か、なにかに閉じ込めて
うちの大事なところに、飾っておきたくなったのは本当。

誰か、いないかしら。挑戦したい人。

ピクチャ 20



When I was doing the wash dishes after dinner which I seldom do, Mitsu chan came down and went,

"Is Yu chan already upstairs? Will he come back?"

"Well, I don't think he will come back. What's up?"

" I would like to show you guys a microcosm :)"

" !! "

I run upstairs skipping a few steps, and open the door of our room and said to Yu chan.

"Yu chan! Let's go to the universe!"

"??"


We quickly grabed our down jacket , and went to downstairs,
Mitsu chan already got his car and started the engine.


He said "There's the ebbing tide two times a day, and the night low tide goes out further during the winter. With the blight moon like tonight, you can see the widest sand beach, that view is one of our highlight event during winter time."

We went down to the entrance of Ohki beach by car and, when the car headlight turned off, it was pitch-dark for a moment, but soon our eyes got used to see things in the dark. Well, it was not really dark, with this blight moon light.

I can see my shadow with the moon light!

While walking, Yu chan said it was when he traveled Africa that he realized the moon light can actually make shadows. I never, never think of if the moon light can make shadows or not.

But here, I can see that. With the moonlight, even the shadows of leaves and branches can be seen on the road, the leaf of camellia reflected the moonlight and they were twinkling. It was like a world of "avatar". And once we reach the beach,


I saw an universe.


Deep blue, but white spread over far away, and more dark blue sky covered with the ocean. Although the moon was pretty blight, I could also see lots of starts twinkling. I can hear the sound of waves, which came from very far place and made me feel a bit sorrow.

"I'm hoping, someday I'd like to request a professional photographer to take this entire atmosphere."


Well, I wonder if anyone can take this? This cosmo is what it gave us, I mean, the temperature and the sensation of when we were wrapped by this universe.. how the photographer can save these "things" into a photo?? Maybe they can, but I don't know. But I know if someone can freeze this into a photo, or a drawing, I really want to hang it on my home wall and to see everyday.

Does anyone want to try??

スポンサーサイト
  1. 2011/03/17(木) 23:44:15|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新しい一歩を。 brand-new step. | ホーム | 大学生たち College students>>

コメント

私も、月で影ができる事を知ったのは、アリゾナでした。綾乃さんと行ったアーコサンティ。新月の時は、懐中電灯が手放せなかったなぁ。
明日、私が住む場所は、夜間停電予定です。もしかしたら、影、見られるかも。
  1. 2011/03/18(金) 00:59:07 |
  2. URL |
  3. cobajune #NLNr8Ioo
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Cobajune, もう夜になりました。

月は見えるかな?こちらはあいにく、曇ってしまったけど
そっちで、ぴかぴか、Cobajuneの影を映してくれてるといいな。
そして、アーコは、みえるんだねぇ。いつかいってみたい。
  1. 2011/03/18(金) 20:25:28 |
  2. URL |
  3. yoook #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eatup.blog75.fc2.com/tb.php/29-34b9b520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。