The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スタンス the stance

DIY.png
DIY風景 - 壁紙を剥がしているところ。Peeling old wallpaper.


[English text follows]

海癒の施設は、2つに分かれている。

旧館のほうは、サニーグリーンと呼ばれる元リゾートマンションで、
昔はそれぞれ色んなオーナーが所有する、いわゆる「別荘」だった
ようだけど、今は、古くなったお部屋をみっちゃんが買い取っては
海癒のコンドミニアムとして、ひと部屋ひと部屋 改装をしている。

温泉のある新館のほうには、2階にふたつ、天然木と土佐和紙の
気持ちいいお部屋があって、そっちは、ここら辺ではそうそう
みない感じの ちょっとシャレた空間になっている。

初めに訪れたときは、新館の温泉とラウンジに心を奪われたけど
宿泊した時に、みっちゃんが旧館”ツアー”をしてくれて、
一部屋ひとへやが全部違う、手作りの旧館の客室たちにも、
なんかどこにもない面白さを感じて、更にココを気に入った。

私はいわゆる、ラグジュアリーなものも大好きだけど、
ちょっと個性的な、オカシナ感じのモノや場所にも、めっぽう弱い。
海癒は良い意味で、かなり「おかしな」場所であることは間違いない。


今回の滞在中に、ホームページを整頓するのが、
私のお仕事の一つなのだけど、それをするにあたって
お部屋の紹介ページをつくろうと、いくつか写真をとってみた。

全室から大岐の浜のキラキラの蒼い海が見えるし、
写真にきりとってみると、なかなかハイセンスに見える。
嬉しくてみっちゃんに見せると、みっちゃんも嬉しそうに
「上手にとれてるねー」と言ってから、一言つけくわえた。

「あんまり、上手に撮れすぎても、期待ばかりふくらんで、
 ホントと違う、ってなられても困るんよ。設備は古いし、
 手作りなぶん、荒い部分もたくさんあるし…。」

確かに、写真はかっこいいところだけ切り取れるし、細かいところは見えないから
私の写真でも2、3割増しくらいに見えるかもしれない。

「だから、できれば動画とかで、部屋の狭さとか、写真では
 つたわらない全体の感じを、Youtubeとかにあげたい。」

なるほど、なるほど。私にしてみたら、ホームページには
ちょっとカッコつけたくらいの、一度みたら「ここに行きたい!」って
思うような情報がのってたらいいと思ったけど、
「頑張りすぎない、七割主義」の海癒のスタンスとは、
ちぐはぐになる可能性があるのね。

来てくれたお客さんと、長く関係をもつことが前提だから
最初のフィルタリングというか、挨拶の仕方も、独自の路線。
伝えたいことが多い分、分かりにくく思えることもあるけど
でもそのスタンスを大事にして、今までやってきた岡田ファミリー。

それが分かる人が来てくれたら良いし、
それが分かる人が来てくれるように、いまのホームページを
改善できたらいいな。難しいけど。頑張ろ。

409.png
Room 409 - My favorite room "terra cotta".


406.png
Room 406 with relaxing Sana chan on the chair.

408.png
Room 408 - Japanese style room.

405.png
Room 405 - The designer room for 4~5 persons.

All rooms have small kitchen and bath/toilet.



The stance

KAIYU has two facilities.

The old facility were called "Sunny Green" and it used to be a vacation condominium where people owned each rooms and used as a summer house.
The building got old and Mitsu chan bought each rooms one by one and retained those rooms as KAIYU condominium by renovating each rooms by himself.

The new ONSEN (hot spring) facility also has two rooms for stay, which are made from natural woods and local TOSA WASHI paper. I think this new facility is fancy enough to make people be surprised at finding this place.

When I first found KAIYU, I was fascinated by this roomy ONSEN & lounge space,
and also, Mitsu chan kindly offered a "tour" of old facility space, he renovated each rooms with different concept, so all rooms were different. I was again fascinated by that unique approach and took to this place.


I LOVE so called "luxury" things and places, but also some how be interested in unique, extraordinary stuff as well. I can say, KAIYU is very "unique" in a positive way.

During this stay, to refresh the current KAIYU homepage is one of my assignment, so I took some room pictures to introduce these rooms on the web. All the rooms here have beautiful ocean view and my photo turned out to be "stylish" one with blue and fancy sun light. I was happy with my work, and showed them to Mitsu chan how he thinks.

Mitsu chan first said it looked great and he liked it, and soon added important comment. "Well, I think these are TOO fancy for us. With these photo, people may think "Wow, very nice place!" and set higher expectation than what we will offer. To be honest, this place is old and those rooms were handmade by me so it's not perfect."


I agree that with photos, I can trim a right portion which looks nice, and ignore the shabby part. Maybe my photo might look 20-30% nicer than the real rooms...but..


He said "So, I also want to use the power of movie and published via Youtube. I think with the video camera, you can see the real size of the room and maybe more detailed parts or whole atmosphere which photo cannot pass to the audience."


OK, now I get what he means. He wants to be honest and also show the bad side as well. To me, a web should be something cool, which can "capture" new customers instantly, and make them want to come this place. However it won't match Kaiyu's stance "Don't overwork or put on airs, do our 70%".

The baseline is to establish and continue long relationships with the visitors. Mitsu chan does unique filter check when people first contact KAIYU if he think the person will match and understand KAIYU's policy. Sometimes it is so unique that people get confused, but that is how Okada family keeps this place and increase their fans all over the world in last 10 years.

If people understand and agree with it, they will come, if not, they won't come.
That's how it should be and I will try to update the current website to hook people who will understand it.. I know it is hard but I will try anyway. :)

スポンサーサイト
  1. 2011/03/10(木) 21:01:23|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祈り Pray | ホーム | 食べるということ - Eating>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eatup.blog75.fc2.com/tb.php/24-05e2dbaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。