FC2ブログ

The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戻りました Went back to home


本日、鎌倉にもどりました。
Returned back to Kamakura, our home.

ピクチャ 5

岡田ファミリーのおかげで、本当に本当に素敵な2ヶ月を
新しい家族とともに過ごすことができました。

まちがいなく、私達の人生のターニングポイントになる2ヶ月だと思います。

今日はもうへとへとなので、書き足りなかったことは
明日かきたいと思います。

みっちゃん、たえちゃん、まりえちゃん、ぜんくん、そして花子ばあば
ほんとうにありがとうございました!!

Thanks for Okada family, it was really really truly amazing 2 months ever in my life. I am so happy that we can stay with our new family member very closely. Definitely this two months will be our turning point. We are so tired for the return today, so I'll post some remaining tomorrow.

Thank you Mitsu chan, Tae chan, Marie chan, Zen kun and Hanako grandma!!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 21:11:15|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

海へ! Go to Ocean!

昨日、希望していた「魚捕り」に連れて行ってもらいました。
Mitsu chan took me to the ocean to hunt fishes yesterday!


ピクチャ 3
指導員ミツと、説明をうけるようこ隊員 Instructor Mitsu and me.

ピクチャ 17
はりせんぼん!

ピクチャ 15
おもわず力が入ってしまう。。はりせんぼん痛かったかな、ごめん。

ピクチャ 19
深くもぐって、じっと魚を見据えるみっちゃん

ピクチャ 14
これが岩がき!隙間にすばやくいれないと、口をとじちゃう。

ピクチャ 20
とったよー!

ピクチャ 21
私もとれたーーー!!とったどーー!

ピクチャ 5
収穫物

ピクチャ 12
収穫祭。すばらしい体験でした。

  1. 2011/04/26(火) 10:53:16|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ビフォア・アフター Before : After

じゃじゃーん!

最後になりましたが、海癒の旧館一階のビフォアアフター写真を掲載したいと思います。上がbeforeで、下がAfter.

Finally, I uploaded the before - after photo of KAIYU's first floor spaces.

旧館エントランス部分。Entrance of old facility.
ピクチャ 3

右手前にあった大きな机をどかして、右の壁のガラスのショーケースもどかして、
白い漆喰の壁をつくりました。とても明るく、すっきりした印象です。

We put away large table on the right side and also glass showcase, and make a white plaster wall as well. Became very blight and refreshed.


ラウンジスペース Lounge space.
ピクチャ 5

以前はここにみんなで夕食をとる大きなテーブルが置かれて、団欒スタイルの夕食を
みんなでとる場所でした。それを、食事を取るスペースは、隣りに移動して、
リラクシング、ラウンジスペースにしたのですが、これがすごい上手くいって
食事の準備ができる前にあつまった人達が、目前にひろがる海を見ながら談笑したり、
食事のあとにも、こちらに移動してコーヒーやデザートを楽しむ、という
食を更に豊かにする流れができあがりました。

It used to be a dining space where all the guests gathered and enjoy the big plates. Now it is a relaxing lounge space, and dining space moves to the middle section. It turned out working really well, people can wait before dinner is ready, and after having dinner, moves to this place and enjoy coffee and dessert.


ピクチャ 12

モノが沢山あったのが減って、白い壁の効果もあって、とてもすっきりしました。
There used to be lots of things, and now thanks for the power of white wall, very trimmed.


食堂スペース。Dining space
ピクチャ 14

中央のテーブルをつけたり、離したりして、ゲストの数に応じて配置換えもできます。
By gathering tables in the center, or part it, we can treat large group guests or small group guests flexibly.


ピクチャ 15

私の趣味である壁むきの成果を少し。中央の柱三本は以前、
濃げ茶色のフェイクウッド模様の上に、よしずが巻かれていたのですが、
それを全部とっぱらいました。今後柱を何色にぬるか、
あるいは漆喰にするか、などは、ゆっくり考えるポイントです。

My new hobby, pealing wall paper also contribute some on this renovation. The posts in the middle were plastic brown, fake-wood wall paper, and covered with reed screens. Now it's all gone! Mitsu chan and Tae chan will think about what color they want to paint, or maybe putting on plaster.


そして、奥のスペース。And inner space.
ピクチャ 17

以前は廊下、というか通り過ぎるだけのスペースでしたが、
ちょっとギャラリーっぽく、例えばイベントのブローシャーを置いたり、
立ち止まれるスペースになったかと。壁に窓もつけて、漆喰ぬりにして
これまた明るいスペースにかわりました。

It used to be just a corridor, where we just pass. Now it becomes kind of gallery space, where we can put even brochure, and hope people can stop and see this space. With new open window and plaster wall, this space became blighter and cleaner.

ピクチャ 19



そしてイベントスペース! Event space!
ピクチャ 20


一番奥のスペースは、以前は物がただ雑然と置かれていただけでしたが、
そこも物をどかして、キレイに塗り直し、23日のイベントでは、
ここにプロジェクターで映像を映して、イベント会場としました。

The most inner space used to be store-space. We again put away lots of stuffs from here and peal walls and re-painted into white. We projected my slides on to this wall and the space is now a nice event space.

ピクチャ 21

花子ばあばは、「ここは映画館にするの?映画うつせるじゃない。」と何度もゆってくれました。
ホントに映画みたらいいよねー。

Hanako grand-ma liked this space and said "Are we going to open movie theater here? It's really good for movie." again and again. Yes, I agree to watch movie here!

ホントに、少しの予算でここまで出来たのは、リカちゃんの空間リデザインの提案のおかげ。
みっちゃんも、たえちゃんも、まりえちゃんも善くんも、本当に頑張って剥がしたり塗ったり
みんなで頑張りました。以前のここを来る人が、びっくりすることを祈りつつ、
更に進化しつづける海癒に今後も期待したいと思います。

Since we don't have any budget, we just did by ourselves with minimum tools and available materials. Great great thanks for Rica san's suggestion, how to re-use, re-design the space, all the member of Okada family and we worked hard and did it. We hope people who knows "Before" will surprised at seeing new KAIYU space. I also expect KAIYU will never stop changing, so we also look forward to seeing the new KAIYU in the future.

  1. 2011/04/25(月) 13:33:21|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

死んでるもの、生きてるもの dead things, living things

ピクチャ 24

毎年いく四万十川。以前は、遠泳大会の前日は中村に泊まっていたけれど、
毎年いくたびに、商店街や町の中でシャッターが閉まりっぱなしのところが増え
だんだん元気がなくなっているのが、垣間見えていた。


先日、数年前に閉店したという中村のデパート(?)に、買い物につれてってもらった。
もう開いていないスーパーに、埃にまみれて放置されているもう売っていないものを
拾い上げて、辛うじて残っている価格シールを頼りに、だいたい半額で売ってもらう。

数年前とは思えない数々のレトロな物たちが散らばる。酸化したペンキもあれば、
日に焼けたキティーちゃんのバッグも。

そんな廃墟となった7階立ての建物の一番上で、なにをしているのか、まだ働いてる
人達がいる。なんだかとても不思議な場所。

缶のお弁当箱と、焼きゴテをみつけたので購入しました。缶は大中小、一つ¥250~100で。
これが「使われるもの」として生き返るのか、あるいは家の棚にしまわれたまま
出番がこないのか。「消費する人」の腕のみせどころですね。
できるだけゆきとどいた、全部つかってる生活が美しいと思うけど、
もしかして使えるものをストックしておくのも楽しいので買ってしまう、もってしまう。
このバランスが、難しい。

ピクチャ 25

海癒の食堂の片付けをしていて、使わない家具や飾りを、どんどん奥の部屋に押し込んでるうちに、
もう壊れたものや、汚いもの、いらないものを捨てたらいい、と、何度か言った。
みっちゃんは、自分は捨てられない人なんだ、と答えた。壊れたのを直して、
次にどこかでつかえないか、再生できないか、再生したいって思うから捨てられない、と。

ここにはスペースがあるから、モノが入ってきてしまう余地がある。
みっちゃんもたえちゃんも、次のなにかの為に取っておいて、しまっておくタイプ。

あるモノを、もう死んでいるもの、と見るか、また甦生できるものとして見るのか、の違い。
それはモノを再生できるかの能力によっても違うし、置くスペースの有無によってもちがう。
私とみっちゃんは、そのラインが全然違うので、平行線なのだけど、
でもあの壊れたエレクトーンと、古びたカーテンは捨てたい。。うーん。


えみさんのオープンした「ダディー牧場」は、競走馬だった馬が現役をしりぞいてからやってこられる場所として作られた。競走馬は競走馬でなくなると、殺されてしまうのだそうだ。
生き物は生きているうちは、確実に生きている。ではモノは?死んでるもの、生きてるもの、そして、眠っているもの。モノにとっての死と眠りは、紙一重だと思った。


ピクチャ 22

ピクチャ 23


Every year, we go Shimanto river for swimming competition. We used to stay at NAKAMURA city close to the river one day before the competition, and every time we came back, we realized the number of closed/shuttered stores gradually increased.


We went to closed department store in NAKAMURA the other day, to shop. We entered the closed down building and, wondering around the products which were covered with dust and not on sale any more, and searched for "something" which we were interested in, and buy it 50% off from the old price seal. In side the building, too old stuffs were scattered everywhere, very retro, nostalgic, broken products. In the top of the building, one woman is still working. Not sure what is her job, but seems like there's another person she works for. Very strange building to me indeed.


I found something which I'm interested in. Old tin BENTO cans and two hot irons. The cans cost about ¥100-250 each. Will those be in use in my daily life? Well, I think it will and I'll try to, but there maybe some possibility that they sit on the shelf again at my home. I wish all the materials I own should be used in my life practically and live together with me. However I love to stock the stuff and just enjoy buying at the same time. It is difficult to have a good balance...

When we cleaned up KAIYU's dining space, we put away many furniture and stuffs into the back room, and I said to Mitsu chan that all those dirty, broken, unnecessary stuff should be thrown away. He responded to me that he is not a person who can dispose stuff easily. He wants to fix everything and make it alive again, that's why he cannot dispose things he have.

KAIYU has rooms and large space, so it's really easy to possess things. Both Mitsu chan and Tae chan like to prepare for "sometime in future" and hope to re-use, revive the stuff they own.

It's just a difference if you see things are already dead or still alive. The stance would be different depends on how much revival skill you have and how much space you have to keep those stuff. Mitsu chan and I have very different skills and space, thus our opinion may never intersect. I just,, want to dispose that broken electronic organ and the old curtain..



"Daddy horse ranch" where Emi san just open her business is the place where she accept racehorses who are retired. She said the retired racehorses would normally get killed in Japan. Once racehorse cannot be a racehorse, they are considered as dead. Living creatures are alive as long as their heart beats. How about material and stuff?? Dead one, alive one, and sleeping one. The diffs between dead and sleeping is a hair's-breadth.
  1. 2011/04/25(月) 00:22:02|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント終了 Had a great event!

ピクチャ 21

さきほど、最後のゲスト(高知大のインターンで来てくれた皆様)を
お見送りして、充実した、でもあっというまの1日が終わりました。

高知大の学生さんと、インターンを斡旋しているNPOから二人、
土佐清水ではじめての乗馬とアニマルセラピーが出来る施設を
ついこないだオープンしたえみさん、農業の坂本龍馬と呼ばれるおかさん、
地元の教育関係で活躍しているくみかさんとその同僚の方、
そして海癒の岡田ファミリーと、人数としては少し小さめの会となりましたが
内容としては、とても満足のいく会ができたのではないかと思います。

We saw the last guest group off to Kochi a while ago, and our fruitful day has ended. It was really quick, but very substantial one (well, which is as always). We had two students from Kochi University who came here for intern last month, two NPO coordinators for that internship, Emi san who just open the very first facility in Tosa Shimizu where people could ride horses and join animal therapy, Mr. Oka who is famous for innovating the new method in agriculture, Kumika san and her colleague who is working for local educational board in this area. Although the numbers of the guest we has was small, and many were family and our friends, I was truly satisfied with the quality of the event today.

実は、イベントの第二部「映画上映」の予定を先日、急遽変更したのだけど、それも
偶然KAIYUの近くの民宿「大岐マリン」さんに、チラシを渡しに行ったら、
今うちに福島の大熊町(原発から15km)に住んでいた
元東電社員のご家族が被災してるんですよ、といわれて。

お話ししますか?と言ってもらったので、
もちろんとばかりにお話しさせてもらって、
そしたらもう「これは、みんなに会わせて話してもらうっきゃない」と。

そいで、23日空いてますか?来て、話してください!、、まぁそんな流れで、
第二部はリアルに、ホントにリアルに、地震と原発の怖い部分を知っている
通称トノのお話しを聞いたわけですが、それもとっても良かった。
とても分かりやすく、ニュースで報道されている数字について説明をしてくれたり
(0.24マイクロシーベルト/毎時が、どういう量でどんな影響があるか、など)
私にも、来てくれた人にも、とても有意義なお話しだったと思う。

I originally planed to show an animation movie as the second part, but made a last minutes change to have an interview with a guy who was hit by this TSUNAMI in Fukushima, and fled to Kochi for safety with his family. I met him at OKI Marin (a guesthouse near KAIYU) when I went there with the even flier for advertisement. The owner Yoichi san told me that they have guests who came from Fukushima, and who used to work for TEPCO as a plant engineer 10 years ago.

Yoichi san asked me if I want to meet him, and I said yes, then we met Mr. Tono and had a quick conversation. I thought he is the one who should talk on 23rd, so requesting him if he can come and talk "the day after tomorrow".. I agree it was not well planned, but ended in very good result. We could listen to the very real story about the earthquake and the situation within the nuclear power plants in Fukushima, and also the meaning of "numbers" in the news. (i.e what does it mean to get 0.24μSv/h for an year to you.)


なんというか、すごい巡り合わせで、こういう会ができて
本当に嬉しい。快く、そしていつも協力を惜しまず、笑顔でサポートしてくれる
みっちゃんと、タエちゃんに本当に感謝。

私の中では、このイベントが海癒での滞在のラストにくるもの、と
思っていたので、充実感とともに、終わってしまったことが悲しくもある。

残り三日。

本当にカウントダウンだけど、今日の会で、私はすこし自信をもらえたように思う。

会社でやってきたこと。私の10年間。

この2ヶ月の滞在を通じて、ただ漠然と戻る、のではなくて、
次の目標が見えてきた。私だけじゃなくて、家族のね。

一ヶ月じゃ見えなかったけど、二ヶ月いられたからこそ
色々なものが結実してきたし、実がなって収穫できたと思う。
まだやり残したこともあるけど、きっとまた来るし、次に繋がるものを
この滞在でつくれた気がして、とても嬉しい。

本日来てくださった方々、協力してくれたみなさま、
本当にこころから、お礼を申し上げます。ありがとうございました。


It was accidentally happened, but it amazingly went great. I am so so happy and truly appreciate all the support from Mitsu chan and Tae chan, who always encourage us to do what we want to do, and give us their great smiles.

To me, this event is one of the very last thing we will have during our stay at KAIYU. I am content with the outcome of this event but now it's end, and I feel so sad at the same time.

Three more days to go. Only three days.

The count down really started, and I think I could get some confident out of this event today. I was not sure what I did, achieved when I worked for the company in last 10 years. I've been in the same place and not sure what I really can do when I am "out" from the company. However, now I have some clue for the next step after this two months stay. I will not come back to the "same" place with obscure vision. I think it's not just my vision, but Tamaki family vision is getting clearer.


With a month stay, we couldn't get this vision, but with two months stay which was accidentally extended, we could get it. There was so many things we wanted to do for the first month, and we actually completed and did it in the second month. Although we have remaining, I think we'll visit this place sometime soon, and our two months experience will help us to move forward to the next actions.

Sincere thank you for everyone who came here today, and support us today. Thank you!
  1. 2011/04/23(土) 22:16:40|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウントダウン Count down

ピクチャ 17
Moon pic. 月の写真


明日はついに、イベントの日です。
Finally, tomorrow is our first and last event at KAIYU.

私達がやる、最初で最後のKAIYUでの会になりますが、
1時間お話しをするため、スライドを作ったり、準備に追われ
すっかりBlogが後回しになってしまいました。
I will have about an-hour presentation, so preparing the slides and scenario required lots of time, so I didn't update my blogs for a while...


そして、海癒とお別れし、私達の家に戻る日まで
あとわずか。カウントダウンがはじまりました。
Also our final date at KAIYU is coming,,, we have to say good bye to this lovely life and go back to our "home" soon.


2ヶ月の滞在をしても、毎日の色々なことがとても楽しいし、
ホントに毎日、毎時間がとてもとても大切な時間になっています。
Even after 2 months, things here are still so fun, and everyday, every hours are so precious to us.

20日に、ゆうちゃん力作の海癒ホームページがリニューアルオープンしました。
写真は私がとったものも少し、みっちゃんの作品を中心に使っています。
随分すっきりと、キレイなページができました。さっそく新規予約が2件入ったそうですが
ホームページを見て、必要情報をきちんと提供してくれるので、手間が半分になったと喜んでくれました。
On 20th, new KAIYU homepage was released. Yu chan did a great job and we all love this new pages. We use lots of photos which Mitsu chan took, and also I took some pictures in order to express the essence of this place. After the release, we got two reservation and Mitsu chan said it was really smooth as the customers see and understand KAIYU's policy and provide necessary information. He said the operation cost to take the reservation reduced to half! Bravo!


19日は蛍を探しにいきました。まだ早いよ、などと言いながら
皆で車に乗り込んで観に行くと、いました!小さな光を放つ、蛍が4つ。
On 19th, we went out to see HOTARU (firefly). It's still too early to see HOTARU in Japan, but we drove down to the place and we found them! Four small firefly in the rice field, amazing.


18日は満月でした。これまた皆で、でてきたばかりの大きな月を
屋上に上って眺めました。今回は写真もとれた。まるで日の出のような明るさの月。
On 18th, it was full moon. We went up to the rooftop and see the big moon which was just came out from the horizon. This time my camera worked fine, and I could capture a beautiful moon photo. It looked like a sun rize.
ピクチャ 19



明日は久しぶりのプレゼンテーション。
何人きてくれるか分からないけれど、聞いてくれる人に何かを残せるよう
頑張ろうと思います。
And tomorrow, I will have a presentation after a long time. Not sure how many people will come, but hope I can leave some message to the people who listen to me. Wish me luck!


ピクチャ 20
月。。いえ、これは日の出です :D
moon.. np! It's sunrise :D.
  1. 2011/04/23(土) 00:13:10|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯ぢから The power of hotspring

ピクチャ 5

[English text will provide tomorrow!]

温泉のある所に滞在させてもらっているので、
当たり前のように、毎日温泉に入らせてもらっている。

海癒の温泉はお湯は透明だけど、すごく、とろんとした質感を持っていて
初めて入った人は、たいていびっくりして、これはなんで?とつぶやいたり
トモダチ同士で話していたりする。

私は気が向くと、お風呂でそういう人達とお話ししたりして、
「ね。すごいですよねー」なんて、半身内(?)ということを隠して
ここのお湯を絶賛したりしてるのだけど、実際ここの裏方を知ってみると
入る人に教えたくなるような”こだわり”が沢山ある。


まず、お湯が「かけ流し」であること。かけ流しってなにかというと
お湯の再利用をしないこと。私は知らなかったけど、大抵の温泉や銭湯は
一度湯船に入ったお湯を、裏で循環させて塩素で消毒したものを
また湯船に入れて、何度も何度も使い回しをするのが当たり前なんですってー。へぇー


次にすごく好きなのは、脱衣所やお風呂場の開放感!
木や石でできてる床の触りごこちが、すごく気持ちいい。

ピクチャ 15

女の人は常々感じているだろうけど、大抵のお風呂は、女湯が奥に隠されていて、
まぁ仕方ないんだろうけど、へんな壁があったり
眺めが良くないところが多い。でも、海癒のお風呂は違う。

ほら。ばっちり、真っ青な大岐の浜がみえる。

ピクチャ 17

公道から一段高いところにつくられているから、覗かれない。
うっかりすると二階建ての観光バスとか、海の向こう側からのぞけば
見えちゃうのかもしれないけど、別にそんなの気にしないよねー。(する?)


温泉は、低めの温度で長湯をするのが基本なので、
こうやってお湯場の外に休憩できる縁側がつくられていて、はだかんぼのまま
椅子にすわってぼーっとしたり、涼んだり、咲名におっぱいあげたり。
もちろん服をきてからくつろいでもOKですけどね。

ピクチャ 12


夕方の風景も、とてもいい。空の色が、優しく変わっていくのをみてると
あっという間に時間がたってしまう。
お湯は薪で焚いているので、木の燃える臭いがふわっと鼻をくすぐる。
私は火の明かりや燃えてる香りが好きなので、なにか落ち着く。

今日もいいお湯でした。
そしてお湯のあとに待っているのは、美味しい晩ご飯。
今日はなんだろう、そんなことを思いながら、
お風呂からあがるのが毎日の楽しみです。

ピクチャ 13


あ、もちろんお風呂から上がったあとの大事なお約束
ビールやコーヒー牛乳もあります!お忘れなく~、ぷは~(笑。

 ピクチャ 14







  1. 2011/04/16(土) 21:45:26|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きものをいただくこと We ate living life

[English text]

魚をとりにいく、といって、みっちゃんとまりえちゃんが出かける。
ここでは「魚をとる」のに、釣り、にいくのではなく、”捕り”にいく。

素潜りで数メートルもぐり、みっちゃんが知ってる魚や貝の巣を巡りながら、
モリでつく。

Mitsu chan and Marie chan went to see to get some fishes. They did skin diving, a few meter deep in the ocean and, they checked each secret points where Mitsu chan knows as fish's home, stabbed fishes with harpoons.


ピクチャ 50
海のめぐみたち。 Those are treasures hunted in the ocean.

ピクチャ 38
エビを握るまりえちゃん。生き物と生きるのに、慣れている。かっこいい。
Marie with a big shrimp. She doesn't get afraid of touching living creatures. Cool.


ピクチャ 37
かわはぎ? これは、とれたその日にお刺身でカルパッチョになりました。
KAWAHAGI. File fish(?). This was become a "carpaccio".

ピクチャ 51
手前が、かさご。アクアパッツアに。奥が、ぐれ。石釜でハーブと塩こしょうでグリルに。
Front one is KASAGO, a rock fish, and the behind one is GURE (sorry don't know it's English name), we've grilled with herbs, salt and pepper.

ピクチャ 39
そして、生ガキ。
And, Oysters.

夕暮れ時。ここでのお夕飯は7時。それまでにめいめいが、お箸をだしたり、
お水を準備したり、ご飯をよそったりと、食事の準備を手伝いながら、
たまにカウンターに出ているおかずをつまんだり、
大人は、今日のビールやワインの味を確かめたりしながら、
タエちゃんの「さぁ、食べよう!」の一声を待っている。

When the evening comes, each of us starts to prepare for dinner. Dinner time is always 7 'o clock, and one prepares for chopsticks, the other brings water, dishes, putting rice on the plates. We eat something with our fingers, and adults would enjoy checking today's drinks (glass of beer or wine) if it taste good or not. And we all wait for Tae chan's call - "Ok, let's eat!".

ピクチャ 54

ピクチャ 52
今日はシチュー。ストーブを丸く囲んでのお夕飯です。
Today's stew. We surrounded the stove and had dinner.

ピクチャ 53
牡蠣は食べるのを忘れて、日がたったのでグリルになった。
磯の香りが凝縮されて、ホントに美味しい。

We forgot to eat oysters when they were hunted, thus we grilled them. They smelled like condensed sea. Very yummy..

食べる、ということは、楽しい。
そしてここでは、どこから来たものを頂いているのか
想像力を働かせるまでもなく、目の前に生き物が生きていて
それを、食べる為に殺して、私達が頂いているので、
すごく生きることのサイクルが、小さく、具体的だ。

Eating is definitely one of the best pleasure in our life. And here at KAIYU, we can see where our foods came from. We don't need to use our imagination to guess where their hometown is, but we can actually see their life and we kill them in order to eat them. The cycle of kill and eat is very short, and very clear.


「ようちゃんは狩猟本能ある?」

海に出かける前に、みっちゃんが聞いてきた。

私には、分からなかった。なにかを殺したり、捕ったりすることを
まるでやったことがないからだ。
魚をさばくことを、すこし怖いとおもう。触っていて、ぞっとする瞬間もある。

"Do you think you can enjoy hunting?"

Before going to the ocean, Mitsu chan asked me. I cannot really tell if I like it or not. I just, haven't had any experience to "kill" something for eating. I feel a bit scary when I cook fishes by myself, touching clammy body made me shudder sometimes.


食べる、ということは、殺すことだし、殺してから食べるまでの道は
目隠しされるより、こうやって見えた方がずっと良いのかもしれない。


にわとりや、四つ足の動物を殺して、さばけるようになることは
ないかもしれないけど、ここにいる間に、みっちゃんと海にもぐって
お魚をつきに行きたいと思っている。

Eating is killing. And when I live in my town, I never "see" the process of killing to eating, which is gently hidden from our daily life, stored in black box. Maybe it's better for me to see that process. I assume I will never be able to kill mammals for eating, but I think I should go hunting fishes with Mitsu chan while I'm staying here.

ピクチャ 55

  1. 2011/04/14(木) 09:20:43|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春 Spring

ピクチャ 33


[English text follows.]

一週間くらい(?)前から、土佐清水にも春がやってきた。
花が咲き、風が心地よく、暖かい太陽にからだがゆるむ。

温泉の入り口にあるブランコにのりながら
周りをきにせずに歌をうたって、
お腹の上の咲名が、すやすやと眠りに落ちる、というパターンが心地いい。


まだ あおい空
まだ あおい海
おわりをつげるよな真白色


口をつく歌といえば、Coccoのジュゴンのみえる丘
あとは、咲名のねんねミュージックとして、もう何百回とかけているだろう
頼りない天使 by FISHMANS。

いつもおんなじ歌だけど、
いつも同じメロディーを、おぼつかない適当な歌詞でうたう、
そんな私の声が、咲名の「安心」のもとになってるってことが、すごくよくわかる。


なんて不思議な話しだろう
こんな世界の真ん中で
僕が たよりだなんてね


海に入るのにも、抵抗がなくなってきた。
暖かい日差しと、青くて透明の海。あがってきた波。
寒さがないぶん、身体が素直にワクワクしながらウェットをきて
浜におりてくことが出来る。

こんなにへたっぴだったかなぁと思うほど、下手っぴになっちゃったけど
それでも、スープで乗ってバランスをとったり、ふわふわと乗れる感覚が
めちゃめちゃ気持ちいい。

ただただ、こんな毎日に感謝。
いったいどうしちゃったんだろう、私の人生!?と思うくらい
心が落ち着いて、毎日、大事なものを一番に大事にしている生活。


Finally Spring has come to Tosa shimizu, about,,, a week before? Flowers bloomed and winds are getting soft, and warm sunny sun light makes my body really relaxed. I love riding on a swing in front of the ONSEN facility with Sana, and singing out laud without worrying about if anyone listened to my song. And while my singing, Sana fallen asleep which is the most loveliest part.

ピクチャ 32

"The ocean is still blue,
and the sky is still blue
it's a sincere white which may imply the end of the world "


There's only a few songs which comes out from my mouth, one is "Dugong No Mieru Oka" by Cocco, and the other one is Sana's sleeping music "TAYORINAI TENSHI" by FISHMANS which we've listened more than a few hundred times.

The songs I sing is always the same. Always the same melody and with a faint memory of lyrics, but I know my voice can bring Sana a sense of security. I can feel she is feeling a peace, and so am I.


"What a wonderful story that
in the middle of this large world
I am the one who you trusted the most."


I feel no challenge to get into ocean, because it's already warm enough. With the sunny sunlight, blue transparent ocean, and the beautiful waves, my body easily get excited and I can just jump into ocean with excitement. As for surfing, to be honest I was surprised at how bad my skills are now, however it's just okay, I can happily practice the balance on the board with soup wave, and the short float on the water just makes me super happy.

I cannot believe how different my life is right now. I can appreciate everything literally. I think I am now simply cherishing the most important thing in my life as my first priority. What a beautiful life we have right now. Thank you. Thank you.



ピクチャ 34

  1. 2011/04/12(火) 21:11:35|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4/23 イベント Event

ピクチャ 56

[English text follows.]

みっちゃんとたえちゃんのサポートを頂いて、
4月23日に、海癒でイベントをさせてもらうことになりました。

自分がいつも考えてることとか、Twitterで見てたつぶやきとか、
「そうだよね!きっとみんな、同じように思ってるに違いない。」と思ってたけど、
昨日の都知事選の選挙結果などをみるに、どうやら私の知ってる「みんな」は
けして本当の「みんな」ではないらしい。

ならば、ここらへんのみんなが、今なにを考えているのか、
いろんな意見をもっている人達と、話しをしてみたい。
知っていることを、共有してみたい。

そして、まだ意見のない人もいるだろうから、その人たちに
関心のアンテナが芽生えるような、そういうきっかけに出来ればと思っています。

地元の人達や、高知の学生さんたちに、声をかけてもらったりしています。

誰も、どうなるのか、なんて確実なことは、分からない。
正しい意見や、間違った意見、が、ないからこそ、今、考えるきっかけが必要だと思う。

是非、いらしてください。


Thanks for Mitsu chan & Tae chan's support, I will hold an event at KAIYU on April 23rd.
I've been thinking that my opinion is not a minority, as I saw "everyone" have similar opinions and tweets here and there. However it seems majority of the people didn't think the same way I do, the result of the metropolitan governor election proves it and it also reveals that lots of people are indifferent to this election which was, to me, number one important election ever. The "everyone" I know wasn't real "everyone", unfortunately.

So, here, I want to know what people in Tosashimizu or Kouchi is thinking right now. I know folks who will (kindly) visit here to join the event will have similar opinions with me or KAIYU, but there might be another opinions. I want to know those opinions and share informations what I have, and what they have.Maybe there'll be someone who yet has specific opinions, and in that case, I hope this event will evoke their interest.

Mitsu chan advertises this event to students at Kouchi and friends around Tosashimizu city. (Thank you.)

No one can tell what will be happened exactly at this moment. In this vague situation, we cannot really judge what is "right" and "wrong" to everyone, if so, I think it's very important to think and talk, and to cultivate our opinions.
  1. 2011/04/11(月) 15:26:11|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一人ですわれた! You can sit down by yourself!


今朝いつものように、椅子の上に、咲名をお座りさせたところ、
This morning, I put Sana on the chair as usual and,,,

ピクチャ 53
あ!背もたれに触らないで、ひとりでおすわりができている!
Ah! She can sit down by herself without leaning on the chair!

ピクチャ 54
すごいすごい!
Wow wow!! :D


ピクチャ 55
そしてお昼寝。寝返りもまだだけど、いいよねー。
And after that, a morning nap as usual. She cannot turn over yet, but that's okay.

花子ばあばには毎日、早くおしゃべりしたらええねー、とか
早く足がつくといいねー、かけっておいでぇー、なんて
言ってもらえていますが、まぁ ゆっくりゆっくりねー。

Hanako grandma always talked to Sana "Hey, you should talk to me now, hurry hurry." and "I know you want to stand up. I want to see you walking toward me." ... well, life is long I want Sana grow up with her pace. Easy, easy, baby!

  1. 2011/04/08(金) 10:00:13|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唐人駄馬 Toujindaba

ピクチャ 48
At Toujindaba huge stones. 唐人駄馬の巨石群にて。

[English text follows.]

この間、足摺岬の近くにある土佐清水のストーンサークル(?)、こと
「唐人駄馬(とうじんだば)」に、みんなでサッカーをしに行った。

唐人駄馬は、はじめて聞いたのだけど、ここいらではちょっと有名な名所で、
縄文時代や弥生時代の石器が発見されたり、数メートルもの巨大な巨石群が連なる場所。
最近では、パワースポット流行で、スピリチュアル系の人達もよく訪れるらしい。

海癒からは車で30分くらい。朝から張り切って車に乗って出発し、
途中の「大漁屋」で、お昼ご飯のお弁当を調達し、いざ現地へ。
初めての私達はさておき、海癒ファミリー&松山からのイトコの面々のお目当ては
唐人駄馬のふもとにある広場での、本気サッカー杯・オトナ VS コドモ。

おとなも子供も、本気で勝ちにこだわるらしい。去年は、接戦の末、子供たちが負けて
あまりの悔しさに、全員、泣き崩れたり、その場から立ち上がれないくらいだったそうだ。

さて、今年はどうなるか。
軽くウォーミングアップの試合のあとに、本番開始。

ピクチャ 44
ハルくんと雄ちゃん、一対一。Haru & Yuzo 1-1

ピクチャ 45
抜けるか ?! If Haru can make it?!

みんな汗だくになりながら、今年も(かろうじて)オトナチームが勝利!
ものすごい悔しがってたけど、来年は、コドモチームしそうな予感でした。

その後は、皆で唐人駄馬の巨石群の「上」でお昼ごはん。
写真でわかるか分からないけど、結構危険な場所です!めちゃめちゃ高い。。
おじいちゃんおばあちゃんは、まず来られない場所です。観光地なのにレベルが高い。
高い所が大丈夫な人は、一度いってみる価値はあると思います。圧巻の景色でした。

子供達の春休みも、本日が最終日。明日から、新学期です。

ピクチャ 46

ピクチャ 47


We went to play soccer at Toujindaba the other day, Toujindaba is one of the popular sight seeing spot in Tosashimizu, located close to Ashizuri Misaki, where you can see huge huge stones (which was just amazing).

It was my first time to go there, actually first time to hear the name as well, many stone implement tools were found there which came from Jomon period and Yayoi period, and also those huge stones are making a small mountain, where many spiritual people visit in order to get some holy power.

It takes about 30 min by car from KAIYU to Toujindaba(唐人駄馬). We left home morning and dropped by "Tairyou ya" (大漁屋)to buy our lunch BENTO. KAIYU family and also their relatives often come here, so their main purpose to visit there was to play soccer. Adult team VS Child team, they are both seriously targeting to win the game. Last year, they did the same "Serious cup", and after the very close fight, Child team lost, and everyone burst into tears, broke down on the ground and
could not stand up for a while.

This year, what's going to happen? 
After one warming up game, the Serious cup kicked off.

Everyone dripping with sweat, and the game turned into a struggle for one point. Finally Adult team barely won. Perhaps, next year will be Child team's year.. but who knows? :)


After the game, we went up to huge stones and had lunch. Not sure if you can tell how high and dangerous these place are, but it was SO high!!! If you have a fear of heights, or too old to climb up steep place, you cannot go.. although it's a sight seeing place, but not everyone can go. The view was just amazing so I'd recommend to go there if you are come close to here.

Today is the last day of Spring holiday for Marie & Zen. Tomorrow a new semester will start.
  1. 2011/04/06(水) 23:11:12|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射性物質との生活 Life with radioactive materials

ピクチャ 29
美しい自然。感謝して、保ちつづけなくっちゃ。
Beautiful nature. We have to appreciate it and keep it.


[English text follows.]

先日、たえちゃんの親友で、高知に住んでいるTomoさんが、オーガニックマーケットで出会ったというあや伽さんと、アランさんのおふたりがKAIYUに来てくれた。

お二人は、ローフードとリビングフードを教えたり、デトックスで身体を元気にするプログラムを主催する"Babie-Bamby"という活動を千葉をベースにされていて、つい先日、活動拠点を高知の黒潮町に移されたそうです。

Tomoさんがオーガニックマーケットにいたときに、偶然アランさん達が来場者へ向けてお話しされていた「福島第一原発をしろう、放射性物質への対策を考える」という話しを聞いたことがきっかけで、そのお話しを、海癒でもしてもらうことになった。

今回の福島は、チェルノブイリとは異なり、爆発による瞬間的な放射性物質の拡散ではなく、長期的な拡散が嫌でも続く。これから、水や土、微生物や食物、食物連鎖のすべてに影響が出続けていく中で、そういったものと長期的に、どのように暮らしていくべきか。放射性物質の特性を知り、長くつきあう方法を学ぶ必要がある、という立場から、どのような食べ物を取ると良いのかを講義してくれました。頂いた資料とはちょっと違うけれど、あや伽のブログを読んでみてください。シリーズで更新されていきます。

お二人はもともとBBCにいた方だそうで、一つひとつ検証していくアプローチが、雄ちゃん曰く「ジャーナリスト的」で、直接お話ししてみた感じからも誠実な印象を受けました。

ネットに溢れる情報も多すぎて、情報の正誤や取捨選択、ソースの確認などなにを信じるべきかの、リテラシーがとても重要になっていると痛感します。特に原発については、一歩深い部分に踏み込むと、専門的な言葉や数字の読み方など、自分での判断が出来なくなってしまうため、誰の解釈/解説を信じるか、に頼るしかない。

お二人のお話し、私達は参考にしようと思いました。原発のすぐ近くに住む人達への対策としては、足りないと思うけど、「健康に影響のないレベル」の水や食べ物を取り続ける東日本に住む人たちには、自分たちを守るお守りがわりとして、心強い知識だと思います。


また、どう食べるかのお話しとは別に、「もっと育てないと!」のお話しが重要だと思いました。今年、東日本での野菜や米、様々な食物の生産が著しく減るのは確実で、そうなると、元気な土を持つ西日本でこれまでの倍の作付けをして増産しないと、足りなくなるのは目に見えています。足りなくなった時に、海洋、環境汚染などを理由に、中国やアメリカからの規制されていた輸入作物の制限が解かれたりしたら、それこそ日本で取れた健康な作物を食べる機会を失ってしまう。

いま、春の作付けのタイミングです。知り合いに農家さんや、農協の皆さん、政治家のみなさんがいたら、ひとこと、「もっと育てないと!」を伝えてもらえたら嬉しいです。


最後に。海癒に滞在させてもらう間に、映画会をやろうと思います。4月後半の週末、23日くらいかな。

三部構成で、第一部にアランさん達のお話し、
第二部で軽食/ピザの立食、
第三部に「風が吹くとき」の映画上映。

海癒の周辺の人達にも「考えて、話しをする、そして考えつづける」きっかけをつくりたいと思ってます。



Tomo chan who is a friend of Tae chan stayed KAIYU for three days the other day, and she brought two persons here, Ayaka san & Alan who they met at organic market.

They used to live in Chiba prefecture (east to Tokyo) and offers some lessons about how individuals can regaining their self-healing awareness through knowledge of holistic living, a living raw food lifestyle. Now they move to KUROSHIO CHOU in Kochi prefecture.

Tomo san met them at organic market, and she happened to hear their speech about "To know Fukushima Daiichi, and think about how we can live together with radioactive materials." and she was impressed by that story, so she talked them and ended in bringing them into KAIYU for providing us the same lecture.

This time, Fukushima Daiichi situation is different from Chernobyl, there's no explosion and no diffusion of radioactive materials into air. However Fukushima Daiichi plants continue to discharge toxic, radioactive contamination untreated. This means, those are undermining water, soil, microbes, food,, all the food chains for a long period. Given this sad but inevitable situations, Ayaka san & Alan proposed to learn more about the characteristic of radioactive materials and get to know how to "live with them". Ayaka san posted a series of blog posts about this in Japanese.

They both worked for BBC, and according to Yu chan, they took very "journalistic" approach, checking the data and the fact one by one and proceeding further. As for me, after talking and meeting them in person, I feel they are trustworthy.

We get too much info through internet, tweeters etc, and it is very important to gain the right media literacy, judging the accuracy of the info, confirming the news source, in order to protect ourselves and choose the "right" decision for individuals. Especially, when it comes to this nuclear plants situations and the data about radioactive materials, I have no way to interpret those by myself correctly, thus I have to trust someone's interpretation who I can trust.

To me, Ayaka san & Alan's story makes sense. It is not enough for someone who lives really close to nucplants, but may help people in east Japan who have to keep eating and drinking water and foods which are officially considered as low contaminated level "not affect to your health immediately".


They also speak about the necessity of increasing the planted amount in east Japan where we still have healthy soil. This year, we can predict (and already we see the situation) that east Japan cannot produce food, so we'll face the shortage of those. When it's really short, maybe China and/or America will approach Japan to import their food and materials which are currently regulated due to the safety concerns, i.e.genetically modified food products. We don't want to loose our ability to produce healthy food products by ourselves. Fortunately, it's spring time, now is the time farmers start planting, so it's worth for us, each individuals, requesting farmers, agricultural cooperative associations, and our government to increase the planting in west Japan.


Last but not least, I'm planning to help one event at Kaiyu, probably around 23, 24th weekend in April.
The event will have three parts, the first one will be the lecture by Ayaka san & Alan, an the second one is having a light meal and pizza using our new stone oven, and the last part is watching a movie "When the wind blows". I'd like to make an opportunity to let people around here "To think, talk, and to continue thinking" about current situation, 59 nuclear plants in Japan.


  1. 2011/04/06(水) 09:26:46|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火入れ式 putting a fire



[English text follows.]

本日、ついに石釜のオーブンが完成いたしました!
これまでの、歩みをぜひ上のスライドショーでご覧ください。

大学生のインターンのみなさんが、土台を二日でつくりあげ、
そのあと雄ちゃんがコツコツと木型を作ったり、つみあげたり。


そしてついに、本日は、最後まで積み上がったその日に火入れ!
無事、素晴らしいオーブン料理の数々が出来上がりました。

粉もの担当の私は、ピザ生地とバナナパウンドケーキを。
石釜制作者にして、料理も担当する雄ちゃんは豚のニンニクと
ローズマリーのグリル・野菜ぞえを。


夕暮れ時の、空が薄紫とピンクに染まる中で、
春の空気に包まれながら、オトナ達はビールを片手に、
子供たちと一緒に焼きたてのピザをほおばる。

やっぱり高温、遠赤外線パワーか、
我が家にあるコンロの上に置くタイプの釜とは、雲泥の差の
すばらしいナポリ風ピザが出来上がりました。美味しかった!

今夜集まった人たちも、みな素敵な人達ばかりで、
「クジラは4頭で地球を一周するコミュニケーションができる」とか
被災地でのボランティアのお話しとか、興味深いことばかりでした。
今日伺ったお話しで、みんなにも知ってもらいたいことがあるので
それはまた明日にでも書こうと思います。


KAIYUにくる前に、突然「石釜」をつくることを思いついて、
即「石窯のつくり方楽しみ方―おいしいアース・ライフへ」を購入、
後は、全部、雄ちゃんがやってくれました(笑。
発案が私、実行が雄ちゃん、という、私にとっては素晴らしく美味しい体制で
また一つ夢が実現したかたちです。


海癒での、夏以外のアクティビティーもひとつ増えました。
火を囲みながら、美味しいものをほおばる、それだけの贅沢。
「豊かさとは」を見直す場所として、海癒は最高の場所だと思います。


ピクチャ 28
Pork, rose-marry & garlic


Today, the stone oven is completed! Please see the progress and tonight's party in the slide show. The base stones were piled up by intern-students for two days, and after that Yu chan has been working hard to make wooden model and piled up bricks. And finally, today he has completed all those work and we decided put fire in it. We also enjoy the grilled dishes completely :D.


I made pizza dough, and banana pound cake, and Yuzo, not only done the stone oven, but he also cook a great pork grill with rosemary and garlic, and grilled vegetable on it's side which soaked with juicy pork juice.

At dusk with warm spring air, when the sky became light purple and pink, we enjoy drinking beers and children immediately grabbed pizza which took out from the oven. Because of the high heat, and the power of far infrared radiation, the pizza was so crispy and very delicious comparing to my pizza cooked with small oven in my house.

I also enjoy talking with the people who we gathered tonight. All the stories were very interesting to me, like "Whale has a way to communicate each other across this globe with only four of them.", and also a story who went to stricken area of north east Japan to help/support victims. We also talked what we can do at our end. There's another story I want to share in this blog, so I'll write it tomorrow (or sometime soon).


The idea of "creating stone oven" just hit me before I came to KAIYU, and I clicked to buy "Stone oven DIY" book on amazon next day, then after that, I requested Yu chan to make one, and he did the rest :D. I am the one who hit on ideas, and Yu chan is who implement. What a great partnership?!?! Now, another dream comes true and we are so happy. We have new entreatment / activities during none-summer time at KAIYU. Gathering around the fire and eating yummy food,, it's just so gorgeous and luxurious. If you want to review "what is the real rich life", KAIYU is the best place to do it.

  1. 2011/04/03(日) 00:09:31|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5ヶ月歳  Five months old

ピクチャ 24

[English text follows.]

4月1日。おかげさまで、咲名、5ヶ月になりました。

こんなにたくさんの人に抱っこされたり、あやしてもらったり
可愛がってもらえる5ヶ月歳は、咲名にとっても、すごく良いことだろうと思う。

きっと鎌倉にいたら、私がひとりであやして、
夜、雄ちゃんが帰ってきてあやして、
たまにRicaさんが遊びにきてくれて、と
咲名に接する人間は3、4人くらいだろう。


ここでは、咲名に手を伸ばしてきてくれる人には
オトナだろうと、子供だろうと抱いてもらっちゃうし
勝手な言い草かもしれないけど、
赤ちゃんがいる空間を、赤ちゃんに触れられる幸せを、
触れたいと思ってくれる人みーんなに開放しているのです(笑。


ふと思い出すと、助産院で、咲名が外の世界にでてきた時、
まさに自分の身体の一部が離れてしまったかのようで、
ふにふにと、小さく、柔らかく、そしてか細い声でうごく
小さい動物のような咲名を、かたときも離したくなくて
朝まで胸の上に置いて、一緒に眠ったのでした。

それから助産院を「卒業」する一週間、自分の一部のような感覚がずっと
続いたけれど、家に戻ってからは、いつのまにか
別の個体、というか、自分の一部、という感覚はなくなって
誰かに抱かれている咲名をみても、自分のものという感覚がなくなった。


5ヶ月経った今は、もちろん自分の子供ではあるのだけど
更にひとつの愛らしい別の存在として咲名をみている。
5ヶ月間、雄ちゃんと私と三人で、四苦八苦しながら
ここまで無事大きくなってくれた、仲間のような信頼感。

よく赤ちゃんは、授かりもの、というけど、
私は、赤ちゃんは、預かりもの、という言葉のほうがピンとくる。
神様からの預かりもの。偶然、私達のところにきてくれて、
一人で歩き出すことができるようになるまで
ちょっとだけお手伝いさせてもらう、大事な預かりもの。

咲名のおかげで、いろいろなことが動き出しました。
どうもありがとう。これからも一緒に楽しくいこうね。

ピクチャ 25

ピクチャ 26

ピクチャ 27


As of April 1st, Sana is now five months old.

Thanks for everyone, she is so healthy, growing up without any problems, and cherished by EVERYONE around her. I believe all those love she gets not only from us her parents, but also Okada family and people in KAIYU would make her special.

I believe if we live in KAMAKURA with three of us, I'm the one who sit near to her and interact with her all day long, and Yu chan would do the same when he come back home, and sometimes maybe Rica chan would play with Sana. Three or four people maximum?

Here in KAIYU, everyone comes to Sana trying to communicate with her. Not only adults, but also small boys and girls, come to Sana and if they want to hold her, I just let her go. I know some parents do not want their baby be touched or hold by other people, but to me, I think it's good for both side, for baby and also adults/children. The power of baby is super. If there's a baby, all the atmosphere change and people in that space would feel happiness and calm, and I know if people interact with baby, they will be so happy. It's not just because my back gets stiff and I'm tired of keeping holding her by myself thus I let her go :).


I remember when she came to our life at Japanese style baby-birth hospital, I felt she was still part of my body which just separated, and I cannot let her go, away from me anyhow, but just kept her close, putting her on my breast until the next morning. She was so tiny, weak, a baby animal at that time. I kept feeling that she was my part of body until I come back to my home after a week stay at hospital.

When I come back home, I gradually felt Sana is not me, she is definitely my baby, but not "mine". To me, that was a big change. And now, after 5 months, she is one of our family team member who also tries very hard to glow up and works with amateur daddy & mammy. We now establish trust on each other. She is just a baby, but who can change the atmosphere in the room and make people smile and happy.

I know the expression "be blessed with a child", and I think baby is something which parents "keep" for a while. I don't know how to express this in English, but a baby is not owned by parents, but a baby is happen to come to your house and we are allowed to enjoy her happy power, and that we should help her/him to be able to stand up and walk by one self.

Thanks for Sana chan, things start moving for both Yu chan and me.
Thank you for coming to us, let's keep going this fun life together!
  1. 2011/04/01(金) 22:13:12|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。