The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「トモダチ」をふやす

先日、九品仏にあるD&Departmentで、かわいらしいネックレスと出会った。

広々とした物販スペースである2Fの一画に、Usedの洋服や靴、バックのセクションが
知らない間にできていて、そこにグリーンの色が綺麗な、カメオのネックレスがひとつ、キラリと光っていた。”安易にモノを買わない、増やさない”、が、今年の目標でもあるのでかなり、長い時間、そこの場所にたたずんで、考えた。

値段は、驚くくらい 安い。新品でお店(SHIPSらしい)に並んでた時は
きっと何倍もしたんだろうと思う、のに、この値段。一旦、誰かの手にとられ、そこでの活躍を終えて、そしていま、私の手の中でキラキラと控えめに笑っている。

なんども、鏡の前にいってあわせたり、チェーンの長さがどうかしら、、などと袋のうえから、長さを測ったりしながらも、心の中ではほとんど

「もうこの子は、うちの子しよう。」

と思った、その決め手は

その日につけていたお気に入りのゴールドのピアスと、相性が良かったこと。
このカメオのことを、このピアスが気に入ってくれたからである。

                *

先日のお茶会でナガオカケンメイさんが、作り手を応援する気持ちで購入したという鉄瓶について、こんなことをお話ししてくれた。

「僕は、鉄瓶を使うような生活はぜんぜんしてなくて。だから、鉄瓶を買うにあたりまずは『トモダチ』を増やすことにしたんです。」


鉄瓶のトモダチ。

それは、美味しいお茶の葉とか、火鉢とか、炭とか。
そうやって、鉄瓶のトモダチ達が増えると、家の中で鉄瓶の居場所がうまれ、鉄瓶を使う一連のフローができて、そのフローが日々の生活の習慣の中に織り込まれる。
Long life designをモットーに、モノを愛する人の言葉だなぁと思った。


使わない「モノ」を増やさないためにはどうすればよいのか。

買う時に、その場で手に入れる為に支払う代金だけではなく、
使うための「時間」まで、消費するのであるということを覚悟すること。

モノを買うには、自分のスタイルがなければならない。
なにかを持っているから、その人が変わるのではなくて、
そのモノと一緒に暮らしていく中で、その人が作られていくのだから。


今の自分のお気に入りである何かが、新しいモノのことを気に入ってくれたら、それは良いサイン。うちの子になった緑色のカメオは、モスグリーンのシャツと、ゴールドのピアスにあわせて、かなり頻繁に私の胸元に登場する新たなお気に入りになってくれている。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 02:03:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日がないちにち


ashi.png


娘がうまれてから、もうすぐで満3ヶ月が経過する。毎日、本当にまいにち
休まず、彼女のことを中心に、生活がすすんでいく。

そんなのは「あたりまえ」だって、「子供を持つってそういうことだから」
って、いまも分かってるし、きっとほとんどの人がそう思うし言葉にすると思うけど
これは消して、当たり前にできることでも、一人だけで出来ることでもない。

また、痛ましいニュースをみて、涙がぼろぼろでてきてしまう。
たった12日の命が、それを大事に育て続けて来た母親の手で、失われてしまった。

なんて悲しいのだろう。浴槽のなかでわけもわからないまま死んでいってしまった
赤ちゃんのことを思うと涙がでるし、出産から2週間あまり、へとへとに疲れ果てて
自分を責めながら、取り返しのつかないことをしてしまった彼女のことを思うと
もうどうにも気持ちが、ぎゅぅ となってしまい、苦しくて悲しい。

妊娠も出産も、子育ても、どれひとつ大変じゃないことなんてない。
こんなに身体をすりへらせて、それが毎日つづくことだなんて、頭では理解してても
実際となると、なんと大変なことか。

全部、指先ひとつで済んでしまうメールや電話とはわけが違った。
おとなを相手にする仕事とも、ぜんぜんわけが違う。

抱っこしながら暖房のスイッチを入れたり、水を飲んだり、そんな簡単な動作さえ
ままならない。しびれる腕、固まる背中、首。痛む股関節や膝、そして寝不足。
自分の身体が悲鳴をあげるなか 一人で、泣きわめく赤ちゃんとふたりで
どれだけ大変だったろう。


おなじ神奈川県での事件。

本当に、どうにかしたい、と思う。なにか、もうこんな事件が起きないように
なにかをしたいと思う。マドレボニータとか、いろんなNPOがあるし、
参加するのもいいのかもしれない。

事件を起こした彼女の気持ちが、少しでも早く癒えるように。旦那さんの気持ちも。
そして、また帰っていってしまった小さな命のご冥福をお祈りします。

  1. 2011/01/27(木) 17:24:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

matohu のイメージ

青山のスパイラルで、慶長の美という展示をやっていたらしいmatohu.
イメージの言葉と、作品がかわいらしくて素敵。着たくなる軽やかさ。来月ボブに髪の毛を切る。今までためてきたなにかから自由になる瞬間が待ち遠しい。

matohu_1.png
matohu_2.png
matohu_3.png
matohu_4.png
  1. 2011/01/17(月) 00:13:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

# 今日の「いただきました」

ふわふわのフレンチトーストと、林檎とサツマイモの甘煮。下赤塚の駅から徒歩2分の「Boulangerie KEN」のフランスパンは、かりっと焼いて食べても美味しいのですが、フレンチトーストになったら、ふわふわで非常に美味しかったです。KENのお勧めは、「ステーキサンドイッチ」やアーモンドプードルの入ったパンです。私が中学生の頃は、なかったなぁ。今回実家に戻って発見したとても貴重な、私と母にとっては宝物のようなお店
今日の「いただきました」

  1. 2011/01/14(金) 09:20:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の「いただきました」

ふわふわのフレンチトーストと、林檎とサツマイモの甘煮。
下赤塚の駅から徒歩2分の「Boulangerie KEN」のフランスパンは、かりっと焼いて食べても美味しいのですが、フレンチトーストになったら、ふわふわで非常に美味しかったです。KENのお勧めは、「ステーキサンドイッチ」やアーモンドプードルの入ったパンです。私が中学生の頃は、なかったなぁ。今回実家に戻って発見したとても貴重な、私と母にとっては宝物のようなお店。

French.png



夕飯に食べたのが、じっくり味のしみたブリ大根。パートナーが昨日の晩から仕込んだ力作。ブリのくさみが全くない本当に美味しい一品でした!ごちそうさまでした。

BURIDAI.png


パン工房 BOULANGERIE KEN (パン・サンドイッチ(その他) / 下赤塚駅地下鉄赤塚駅

昼総合点★★★★ 4.0


  1. 2011/01/10(月) 01:47:16|
  2. Cooking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の七草汁

毎日おいしいごはんを食べたい。

美味しいね、が伝わってくる隣りの笑顔をみながら食べていたい。

この、いかにも「幸せ」を感じることのできる時間。
この時間が、我が家のなかにも、お隣のお宅にも、三軒先もまたその先も
すべてのおうちで、流れているといいと思う。そういう時間が幸せだと
気づく余裕と、美味しい食べ物を得られることが、一番大事な気がする。


いまはここにあるけれど、いつかこの時間が手に入らなくなる日が
すぐ近い未来にくるのではないかと、色々なニュースをみていて不安になるし
この不安を、見えないふりしないで、自衛のために一歩すすめるには
どうしたらいいのかしらと。

まず小さいながらの私たちの一歩は、よく言われるけど、土地のものを頂くこと。
そして、「体にいいから」なにかを食べるのでなくて、
美味しいから喜んで食べて、結果的にそれが体によい、というものを知ること。

練馬近辺の方にお勧めしたいのが、相原農園さんのロッカー式の野菜の直販所。

住所は東京都練馬区田柄5丁目12-3です。

大きな地図で見る


そして、美味しいから食べちゃう体によいものは、長岡式酵素玄米。
昨年、助産院でいただいたコレがあまりに美味しくて、家に戻った後も
「あの玄米がたべたい」と病み付きになってしまいました。
諸処ハードルは高いのですが、乗り越えるだけの価値があると思います。

nanakusa
  1. 2011/01/10(月) 01:33:47|
  2. Cooking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The 1st Class manager

昨年の7月、10月から半年産休に入ることが決まっていた私に、はじめてスタッフをつけてもらえることが決まった。ただし雇用のクチは、東京ではなくシンガポール。いきなりのRemote management = 遠隔操作 (?)で、そんなの出来るのかしらと不安で後ずさりしたくなる気持ちも本当だけど、なにしろ会社に入って今年で10年。そして、はじめてのスタッフ。はじめての自分のチーム。当たり前だけど、新しいチャレンジと可能性にもワクワクする。「良いマネージャになるにはどうしたらいいのか」そんなことも考えずにはいられない。

2009年後半に、直属のマネージャが変わったとき、同じように「良いマネージャってなんだろう」と考えた。「スタッフ」目線で自分にとって良い上司を考えたポイントである。

- Organized されている
- 依頼したことをちゃんと覚えている
- 提出させた情報のレビューをきちんと行う
- Double ワークにならないようにさせる(同じことを何度もさせない)
- Position が下の人の存在を忘れない
- Friendly であることと、仕事であることのバランスをうまくとる
- 相手のアウトプットの良いところを、きちんと褒める
- 相手の成功を願う。"I want you to be successful."



そして本日同じ質問を、私が尊敬し「この人こそ The First Class Manager!」と心から思う人に質問をしたところ、次のような回答をもらった。

- Have a vision and mission. "Define vision and mission of the organization and communicate this to the team at early stage."
- Lead by example.
- Open to your people.
- Support people.
- Connect people.
- Hire great people.
- "It's not how good I was, but it is "How good the team is".



色々あるけれども、Keyだと思ったのが一番最後の、"自分自身がどれだけ優秀か" ではなくて、"チームがどれだけ強力か" が重要である、というところ。ここのポイントを理解すると、自分の仕事のやり方とあわない、とか考え方やアプローチが違う、、などということは重要ではなくて、「シナジーが生み出せるか」、「同じVisionを共有できるか」が大切なポイントとなる。過程でそりがあわないとしても、"If he effective anyway?" "Is he getting things done?" で Yesならば、本質的な問題ではない、ということだ。

そして教えてもらった本がこれ。さっそくぽちっとしようと思う。


Bury My Heart at Conference Room B: What Truly Drives the World's Most Passionate ManagersBury My Heart at Conference Room B: What Truly Drives the World's Most Passionate Managers
()
不明

商品詳細を見る




  1. 2011/01/05(水) 05:16:42|
  2. Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A New Year Resolution - 新年の抱負

     ピクチャ 5

いつの頃の新年だったか、アメリカに飛び立ってしまった姉から家族全員にメールが届いた。タイトルには "A New Year Resolution"と書いてある。「新年の抱負」を意味するその言葉どおり「デザインで食べていく」と心に決めてアメリカに旅立った姉の、その年の目標がひとつひとつ、具体的に綴られていて、「あぁ今はこんなことに挑戦していて、こんな風になりたいんだな」という姉の思いが、海を越えてしっかり伝わってきたのを覚えている。

「みんなも抱負たてて、一緒に頑張ろーよ。」なんて、姉のかけ声にあわせて、父も、母も、弟も、もう一人の姉も、みんなで一年の始まりには抱負をメールで共有するのが、それからしばらくの我が家での季節行事となった。

私は、といえば、抱負をたてるのがどうも苦手で、苦手というより下手だと思う。抱負とか、目標を掲げてやり遂げられた記憶がこれといってないし、姉がつくりだしたこの我が家での習慣に乗って、私も「今年の抱負」を何回も高らかに宣言したけれど、気づけば、毎年同じ抱負がくり返し掲げられ(成し遂げられないから)、いくつもの年始の抱負が、年末には、なぜこれをやりたかったのだろう、と自分でも首をかしげるようなことになったりした。毎年の年末レビューでその事実が恥ずかしかったので、しばらく抱負の宣言を見送っていたけれど、昨年は子供もうまれたし、なんとなく新しい生活スタイルも始まるので、今年は久しぶりに抱負ってやつをここに高らかに宣言したいと思う。


抱負
…「いま」だから出来ることを、時を逃さないように、やること
… 人を絡めて、まわして、流して。関係からの元気で多くの人と幸せに遊ぶ
…(そのためにも、)個をきちんと、私自身を信頼できるようにする

日々の行動
・出来るだけモノを買わない、無駄なお金をつかわない
・心がワクワクしたことを、毎日一つは日記に残す
・カメラつかい倒す
・走ってみる

うん、いい感じがする。今年はけっこう行けそうな気がする。1月はみんなが前向きになれるハッピーな月だと思う。

  1. 2011/01/03(月) 17:34:15|
  2. Life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。