The eat ups - パーティの食卓

Love home! 気にかかるのは美味しいお食事と楽しい仲間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戻りました Went back to home


本日、鎌倉にもどりました。
Returned back to Kamakura, our home.

ピクチャ 5

岡田ファミリーのおかげで、本当に本当に素敵な2ヶ月を
新しい家族とともに過ごすことができました。

まちがいなく、私達の人生のターニングポイントになる2ヶ月だと思います。

今日はもうへとへとなので、書き足りなかったことは
明日かきたいと思います。

みっちゃん、たえちゃん、まりえちゃん、ぜんくん、そして花子ばあば
ほんとうにありがとうございました!!

Thanks for Okada family, it was really really truly amazing 2 months ever in my life. I am so happy that we can stay with our new family member very closely. Definitely this two months will be our turning point. We are so tired for the return today, so I'll post some remaining tomorrow.

Thank you Mitsu chan, Tae chan, Marie chan, Zen kun and Hanako grandma!!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 21:11:15|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

海へ! Go to Ocean!

昨日、希望していた「魚捕り」に連れて行ってもらいました。
Mitsu chan took me to the ocean to hunt fishes yesterday!


ピクチャ 3
指導員ミツと、説明をうけるようこ隊員 Instructor Mitsu and me.

ピクチャ 17
はりせんぼん!

ピクチャ 15
おもわず力が入ってしまう。。はりせんぼん痛かったかな、ごめん。

ピクチャ 19
深くもぐって、じっと魚を見据えるみっちゃん

ピクチャ 14
これが岩がき!隙間にすばやくいれないと、口をとじちゃう。

ピクチャ 20
とったよー!

ピクチャ 21
私もとれたーーー!!とったどーー!

ピクチャ 5
収穫物

ピクチャ 12
収穫祭。すばらしい体験でした。

  1. 2011/04/26(火) 10:53:16|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ビフォア・アフター Before : After

じゃじゃーん!

最後になりましたが、海癒の旧館一階のビフォアアフター写真を掲載したいと思います。上がbeforeで、下がAfter.

Finally, I uploaded the before - after photo of KAIYU's first floor spaces.

旧館エントランス部分。Entrance of old facility.
ピクチャ 3

右手前にあった大きな机をどかして、右の壁のガラスのショーケースもどかして、
白い漆喰の壁をつくりました。とても明るく、すっきりした印象です。

We put away large table on the right side and also glass showcase, and make a white plaster wall as well. Became very blight and refreshed.


ラウンジスペース Lounge space.
ピクチャ 5

以前はここにみんなで夕食をとる大きなテーブルが置かれて、団欒スタイルの夕食を
みんなでとる場所でした。それを、食事を取るスペースは、隣りに移動して、
リラクシング、ラウンジスペースにしたのですが、これがすごい上手くいって
食事の準備ができる前にあつまった人達が、目前にひろがる海を見ながら談笑したり、
食事のあとにも、こちらに移動してコーヒーやデザートを楽しむ、という
食を更に豊かにする流れができあがりました。

It used to be a dining space where all the guests gathered and enjoy the big plates. Now it is a relaxing lounge space, and dining space moves to the middle section. It turned out working really well, people can wait before dinner is ready, and after having dinner, moves to this place and enjoy coffee and dessert.


ピクチャ 12

モノが沢山あったのが減って、白い壁の効果もあって、とてもすっきりしました。
There used to be lots of things, and now thanks for the power of white wall, very trimmed.


食堂スペース。Dining space
ピクチャ 14

中央のテーブルをつけたり、離したりして、ゲストの数に応じて配置換えもできます。
By gathering tables in the center, or part it, we can treat large group guests or small group guests flexibly.


ピクチャ 15

私の趣味である壁むきの成果を少し。中央の柱三本は以前、
濃げ茶色のフェイクウッド模様の上に、よしずが巻かれていたのですが、
それを全部とっぱらいました。今後柱を何色にぬるか、
あるいは漆喰にするか、などは、ゆっくり考えるポイントです。

My new hobby, pealing wall paper also contribute some on this renovation. The posts in the middle were plastic brown, fake-wood wall paper, and covered with reed screens. Now it's all gone! Mitsu chan and Tae chan will think about what color they want to paint, or maybe putting on plaster.


そして、奥のスペース。And inner space.
ピクチャ 17

以前は廊下、というか通り過ぎるだけのスペースでしたが、
ちょっとギャラリーっぽく、例えばイベントのブローシャーを置いたり、
立ち止まれるスペースになったかと。壁に窓もつけて、漆喰ぬりにして
これまた明るいスペースにかわりました。

It used to be just a corridor, where we just pass. Now it becomes kind of gallery space, where we can put even brochure, and hope people can stop and see this space. With new open window and plaster wall, this space became blighter and cleaner.

ピクチャ 19



そしてイベントスペース! Event space!
ピクチャ 20


一番奥のスペースは、以前は物がただ雑然と置かれていただけでしたが、
そこも物をどかして、キレイに塗り直し、23日のイベントでは、
ここにプロジェクターで映像を映して、イベント会場としました。

The most inner space used to be store-space. We again put away lots of stuffs from here and peal walls and re-painted into white. We projected my slides on to this wall and the space is now a nice event space.

ピクチャ 21

花子ばあばは、「ここは映画館にするの?映画うつせるじゃない。」と何度もゆってくれました。
ホントに映画みたらいいよねー。

Hanako grand-ma liked this space and said "Are we going to open movie theater here? It's really good for movie." again and again. Yes, I agree to watch movie here!

ホントに、少しの予算でここまで出来たのは、リカちゃんの空間リデザインの提案のおかげ。
みっちゃんも、たえちゃんも、まりえちゃんも善くんも、本当に頑張って剥がしたり塗ったり
みんなで頑張りました。以前のここを来る人が、びっくりすることを祈りつつ、
更に進化しつづける海癒に今後も期待したいと思います。

Since we don't have any budget, we just did by ourselves with minimum tools and available materials. Great great thanks for Rica san's suggestion, how to re-use, re-design the space, all the member of Okada family and we worked hard and did it. We hope people who knows "Before" will surprised at seeing new KAIYU space. I also expect KAIYU will never stop changing, so we also look forward to seeing the new KAIYU in the future.

  1. 2011/04/25(月) 13:33:21|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

死んでるもの、生きてるもの dead things, living things

ピクチャ 24

毎年いく四万十川。以前は、遠泳大会の前日は中村に泊まっていたけれど、
毎年いくたびに、商店街や町の中でシャッターが閉まりっぱなしのところが増え
だんだん元気がなくなっているのが、垣間見えていた。


先日、数年前に閉店したという中村のデパート(?)に、買い物につれてってもらった。
もう開いていないスーパーに、埃にまみれて放置されているもう売っていないものを
拾い上げて、辛うじて残っている価格シールを頼りに、だいたい半額で売ってもらう。

数年前とは思えない数々のレトロな物たちが散らばる。酸化したペンキもあれば、
日に焼けたキティーちゃんのバッグも。

そんな廃墟となった7階立ての建物の一番上で、なにをしているのか、まだ働いてる
人達がいる。なんだかとても不思議な場所。

缶のお弁当箱と、焼きゴテをみつけたので購入しました。缶は大中小、一つ¥250~100で。
これが「使われるもの」として生き返るのか、あるいは家の棚にしまわれたまま
出番がこないのか。「消費する人」の腕のみせどころですね。
できるだけゆきとどいた、全部つかってる生活が美しいと思うけど、
もしかして使えるものをストックしておくのも楽しいので買ってしまう、もってしまう。
このバランスが、難しい。

ピクチャ 25

海癒の食堂の片付けをしていて、使わない家具や飾りを、どんどん奥の部屋に押し込んでるうちに、
もう壊れたものや、汚いもの、いらないものを捨てたらいい、と、何度か言った。
みっちゃんは、自分は捨てられない人なんだ、と答えた。壊れたのを直して、
次にどこかでつかえないか、再生できないか、再生したいって思うから捨てられない、と。

ここにはスペースがあるから、モノが入ってきてしまう余地がある。
みっちゃんもたえちゃんも、次のなにかの為に取っておいて、しまっておくタイプ。

あるモノを、もう死んでいるもの、と見るか、また甦生できるものとして見るのか、の違い。
それはモノを再生できるかの能力によっても違うし、置くスペースの有無によってもちがう。
私とみっちゃんは、そのラインが全然違うので、平行線なのだけど、
でもあの壊れたエレクトーンと、古びたカーテンは捨てたい。。うーん。


えみさんのオープンした「ダディー牧場」は、競走馬だった馬が現役をしりぞいてからやってこられる場所として作られた。競走馬は競走馬でなくなると、殺されてしまうのだそうだ。
生き物は生きているうちは、確実に生きている。ではモノは?死んでるもの、生きてるもの、そして、眠っているもの。モノにとっての死と眠りは、紙一重だと思った。


ピクチャ 22

ピクチャ 23


Every year, we go Shimanto river for swimming competition. We used to stay at NAKAMURA city close to the river one day before the competition, and every time we came back, we realized the number of closed/shuttered stores gradually increased.


We went to closed department store in NAKAMURA the other day, to shop. We entered the closed down building and, wondering around the products which were covered with dust and not on sale any more, and searched for "something" which we were interested in, and buy it 50% off from the old price seal. In side the building, too old stuffs were scattered everywhere, very retro, nostalgic, broken products. In the top of the building, one woman is still working. Not sure what is her job, but seems like there's another person she works for. Very strange building to me indeed.


I found something which I'm interested in. Old tin BENTO cans and two hot irons. The cans cost about ¥100-250 each. Will those be in use in my daily life? Well, I think it will and I'll try to, but there maybe some possibility that they sit on the shelf again at my home. I wish all the materials I own should be used in my life practically and live together with me. However I love to stock the stuff and just enjoy buying at the same time. It is difficult to have a good balance...

When we cleaned up KAIYU's dining space, we put away many furniture and stuffs into the back room, and I said to Mitsu chan that all those dirty, broken, unnecessary stuff should be thrown away. He responded to me that he is not a person who can dispose stuff easily. He wants to fix everything and make it alive again, that's why he cannot dispose things he have.

KAIYU has rooms and large space, so it's really easy to possess things. Both Mitsu chan and Tae chan like to prepare for "sometime in future" and hope to re-use, revive the stuff they own.

It's just a difference if you see things are already dead or still alive. The stance would be different depends on how much revival skill you have and how much space you have to keep those stuff. Mitsu chan and I have very different skills and space, thus our opinion may never intersect. I just,, want to dispose that broken electronic organ and the old curtain..



"Daddy horse ranch" where Emi san just open her business is the place where she accept racehorses who are retired. She said the retired racehorses would normally get killed in Japan. Once racehorse cannot be a racehorse, they are considered as dead. Living creatures are alive as long as their heart beats. How about material and stuff?? Dead one, alive one, and sleeping one. The diffs between dead and sleeping is a hair's-breadth.
  1. 2011/04/25(月) 00:22:02|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント終了 Had a great event!

ピクチャ 21

さきほど、最後のゲスト(高知大のインターンで来てくれた皆様)を
お見送りして、充実した、でもあっというまの1日が終わりました。

高知大の学生さんと、インターンを斡旋しているNPOから二人、
土佐清水ではじめての乗馬とアニマルセラピーが出来る施設を
ついこないだオープンしたえみさん、農業の坂本龍馬と呼ばれるおかさん、
地元の教育関係で活躍しているくみかさんとその同僚の方、
そして海癒の岡田ファミリーと、人数としては少し小さめの会となりましたが
内容としては、とても満足のいく会ができたのではないかと思います。

We saw the last guest group off to Kochi a while ago, and our fruitful day has ended. It was really quick, but very substantial one (well, which is as always). We had two students from Kochi University who came here for intern last month, two NPO coordinators for that internship, Emi san who just open the very first facility in Tosa Shimizu where people could ride horses and join animal therapy, Mr. Oka who is famous for innovating the new method in agriculture, Kumika san and her colleague who is working for local educational board in this area. Although the numbers of the guest we has was small, and many were family and our friends, I was truly satisfied with the quality of the event today.

実は、イベントの第二部「映画上映」の予定を先日、急遽変更したのだけど、それも
偶然KAIYUの近くの民宿「大岐マリン」さんに、チラシを渡しに行ったら、
今うちに福島の大熊町(原発から15km)に住んでいた
元東電社員のご家族が被災してるんですよ、といわれて。

お話ししますか?と言ってもらったので、
もちろんとばかりにお話しさせてもらって、
そしたらもう「これは、みんなに会わせて話してもらうっきゃない」と。

そいで、23日空いてますか?来て、話してください!、、まぁそんな流れで、
第二部はリアルに、ホントにリアルに、地震と原発の怖い部分を知っている
通称トノのお話しを聞いたわけですが、それもとっても良かった。
とても分かりやすく、ニュースで報道されている数字について説明をしてくれたり
(0.24マイクロシーベルト/毎時が、どういう量でどんな影響があるか、など)
私にも、来てくれた人にも、とても有意義なお話しだったと思う。

I originally planed to show an animation movie as the second part, but made a last minutes change to have an interview with a guy who was hit by this TSUNAMI in Fukushima, and fled to Kochi for safety with his family. I met him at OKI Marin (a guesthouse near KAIYU) when I went there with the even flier for advertisement. The owner Yoichi san told me that they have guests who came from Fukushima, and who used to work for TEPCO as a plant engineer 10 years ago.

Yoichi san asked me if I want to meet him, and I said yes, then we met Mr. Tono and had a quick conversation. I thought he is the one who should talk on 23rd, so requesting him if he can come and talk "the day after tomorrow".. I agree it was not well planned, but ended in very good result. We could listen to the very real story about the earthquake and the situation within the nuclear power plants in Fukushima, and also the meaning of "numbers" in the news. (i.e what does it mean to get 0.24μSv/h for an year to you.)


なんというか、すごい巡り合わせで、こういう会ができて
本当に嬉しい。快く、そしていつも協力を惜しまず、笑顔でサポートしてくれる
みっちゃんと、タエちゃんに本当に感謝。

私の中では、このイベントが海癒での滞在のラストにくるもの、と
思っていたので、充実感とともに、終わってしまったことが悲しくもある。

残り三日。

本当にカウントダウンだけど、今日の会で、私はすこし自信をもらえたように思う。

会社でやってきたこと。私の10年間。

この2ヶ月の滞在を通じて、ただ漠然と戻る、のではなくて、
次の目標が見えてきた。私だけじゃなくて、家族のね。

一ヶ月じゃ見えなかったけど、二ヶ月いられたからこそ
色々なものが結実してきたし、実がなって収穫できたと思う。
まだやり残したこともあるけど、きっとまた来るし、次に繋がるものを
この滞在でつくれた気がして、とても嬉しい。

本日来てくださった方々、協力してくれたみなさま、
本当にこころから、お礼を申し上げます。ありがとうございました。


It was accidentally happened, but it amazingly went great. I am so so happy and truly appreciate all the support from Mitsu chan and Tae chan, who always encourage us to do what we want to do, and give us their great smiles.

To me, this event is one of the very last thing we will have during our stay at KAIYU. I am content with the outcome of this event but now it's end, and I feel so sad at the same time.

Three more days to go. Only three days.

The count down really started, and I think I could get some confident out of this event today. I was not sure what I did, achieved when I worked for the company in last 10 years. I've been in the same place and not sure what I really can do when I am "out" from the company. However, now I have some clue for the next step after this two months stay. I will not come back to the "same" place with obscure vision. I think it's not just my vision, but Tamaki family vision is getting clearer.


With a month stay, we couldn't get this vision, but with two months stay which was accidentally extended, we could get it. There was so many things we wanted to do for the first month, and we actually completed and did it in the second month. Although we have remaining, I think we'll visit this place sometime soon, and our two months experience will help us to move forward to the next actions.

Sincere thank you for everyone who came here today, and support us today. Thank you!
  1. 2011/04/23(土) 22:16:40|
  2. 海癒滞在記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。